【テレビを見ながらでOK!】肩こり・便秘に効く「指ヨガ」3選

ヨガと同じような健康効果を期待できると言われ、最近話題が急上昇している「指ヨガ」をご存知でしょうか?ヨガをゆっくり行う時間はとれないという方にでも「指ヨガ」なら大丈夫です!ふとした時に取り入れることのできるので、テレビを見ながらでも行えます。今回はそんな指ヨガについて詳しくご紹介していきます。

「指ヨガ」って?

「指ヨガ」とは、東洋医学の考え方をもとに、息を吐きながら手のツボを刺激したり、もみほぐしたりすることで、ヨガに近い心身の健康効果が期待できると言われています。指ヨガのやり方はとっても簡単なのはもちろん、場所を選ばず、また年齢も問わずに気軽に楽しめるというのも魅力の一つです。

「指ヨガ」で期待できる効果

1.不調を改善する

「手は露出した脳」とも言われるほど、脳の働きと密接に関連していると言います。手指を動かし刺激することで、脳の血流も良くなり、脳の活性化を促すことができるそうです。また、不調を感じる身体の部位につながっていると考えられているツボを刺激することで、身体の不調改善にも期待できます。

2.指を動かすことはダイエットや美容にも良い!?

指を動かすことで血流が良くなり、代謝が活発になると言われています。このため、冷え性やむくみやの緩和、ダイエット効果やアンチエイジングケアにも役立ってくれると考えられているのです。

3.リラックスできる

指を動かすことで、脳内のセロトニンやオキシトシンなどのホルモン分泌を促すことができるため、心身のリラックス効果が期待できます。誰かと一緒にペアで行うと、肌の触れ合いによって安心感や信頼感を得られるのも指ヨガの特徴と言えるでしょう。

▶【ツボ押しで楽してやせる♪】ダイエットに効果のあるツボ3選!

目的別「指ヨガ」のやり方

1:頭痛・肩こりの緩和に

中指の第一関節から第二関節の間にあたる部分を、息を吐きながら左右にねじるようなイメージで丁寧にほぐしていきましょう。ここにアプローチすることで、首や肩こりの緩和・解消に効果があると言われています。

2:冷え・むくみ対策に

冷えを感じる部分をこすって血行を促します。手のひらだけでなく手の甲もこするのがポイントです。

3:便秘解消には?

手のひら全体がお腹の関連部位なので、手のひら中央部をおへそと考えます。そのおへそにあたる部分を中心に、まずは手のひらの真ん中、その後左上から時計回りに一周押してみましょう。特に、固いと感じる部分をよくもみほぐすと良いでしょう。

▶【究極のズボラダイエット?!】「ロイヒつぼ膏」を貼るだけで得られる効果とは?

注意点

指ヨガを行うときのポイントと注意点は以下の通りです。

・「痛きもちいい」くらいの力加減で行いましょう。
・指圧するときはゆっくりと息を吐きながら、吸いながら圧を緩める意識で行います。
・消化不良を起こさないよう、食後は1時間くらいあけて行うのがオススメです。
・皮膚を傷つけないよう、爪は短く切っておくと安心です。

ヨガのように呼吸を意識しながら、安全に気をつけて行いましょう!

まとめ

お風呂に入りながら、テレビを見ながら、仕事や家事の合間など、簡単に取り入れることができる指ヨガ。自分が気になる症状に良いと言われるツボや、指の動かし方を見つけて、ぜひ気付いた時に始めてみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース