【管理栄養士直伝!】ダイエット中にお酒を飲んでもやせる方法とは?

【管理栄養士直伝!】ダイエット中にお酒を飲んでもやせる方法とは?

「ダイエットのためにお酒をやめるなんて無理!!」「飲み会は断れない…。」というような方は多いのではないでしょうか?ダイエットの敵だと思われがちなお酒ですが、賢く取り入れれば太る心配はありませんよ。そこで今回は、お酒をガマンしないでもやせる方法やおススメのおつまみレシピを管理栄養士の視点からお伝えします♪

お酒を飲むときのポイント

ベジファーストを心がける

ダイエット中は、お酒をガマンするイメージがありますよね。しかし、好きなお酒をガマンしなくてもやせられる方法はあるんです。

アルコールが入ると、気持ちが大きくなってついつい食べ過ぎてしまうことが多くなり、食べ過ぎてしまうことがあります。そんな食べ過ぎを防ぐためにも、まずは野菜やサラダ類、刺身などを食べながら、ゆっくり飲むことが大切です。濃い味つけのものは、食が進んでしまうので後の方に食べるのがGOODです。

飲み過ぎは注意

飲みすぎにも注意しましょう。体内に入ったアルコールは、アセトアルデヒドに分解され、さらに水と二酸化炭素に分解されて、尿や汗となって排泄されます。このアセトアルデヒドは毒性が強く、肝機能を低下させます。アルコールをとりすぎると、アセトアルデヒドが血中に残り、肝機能が低下し、代謝が下がって太る原因になるとも言われているのです。

ダイエット中のおつまみで意識してとりたい栄養素は、たんぱく質・タウリン・ビタミンB群などです。人気レシピとともにご紹介していきましょう♪

▶【お酒を飲んでもOK?!】飲んでも太りにくい体質をつくるコツって?!

賢く食べる!おつまみの人気レシピ

まぐろとキムチのユッケ風

まぐろに多く含まれる良質なたんぱく質は、肝臓の機能を高め、体内でのアルコールの分解を促進します。赤身のまぐろとキムチの組み合わせは、低カロリーでダイエット中のおつまみに最高です♪ 

▶「まぐろとキムチのユッケ風」レシピはこちら

鶏肉と白ネギのガーリック炒め

お酒を飲むと、体内ではアセトアルデヒドという有害物質が発生します。鶏むね肉に多く含まれるナイアシンは、ビタミンB群のひとつで、アセトアルデヒドを分解するはたらきがあります。美味しいおつまみがしっかり体をいたわってくれる、まさに一石二鳥の一品です!

▶「鶏肉と白ネギのガーリック炒め」レシピはこちら

ほたてがいとササミのくるりんソテー♪

ホタテ貝はタウリンが豊富です。タウリンは、肝臓で胆汁酸の分泌を促進し、コレステロールの排泄作用を高めます。良質のたんぱく質が豊富で低カロリーな鶏ささみと組み合わせた、肝臓に優しい絶品おつまみです♪

▶「ほたてがいとササミのくるりんソテー♪」レシピはこちら

鮭ときのこの南蛮漬け風

鮭に多く含まれるビタミンB6は、脂肪肝になるのを防ぐ作用があります。切り干し大根とあわせて歯ごたえを楽しみつつ、さっぱりと頂ける一品。飲み始めのおつまみにオススメです♪

▶「鮭ときのこの南蛮漬け風」レシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?職場の仲間や友人と一緒にお酒を楽しむのは、幸せなひとときですよね。ダイエット中だって、お酒をガマンしなくてっも大丈夫です!お酒のおつまみに何を食べるか、その選び方がとても大切なのです。今回ご紹介したポイントやレシピを是非参考にして、至福の時間を味わってくださいね♪

▶【管理栄養士が教える】お酒・おやつ・夜食を食べたい時におすすめのレシピって?!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース