【自宅でOK!】ダイエット効果が期待できる4つの簡単スクワット!

手軽にできる筋トレのひとつ「スクワット」。日頃取り組んでいる方は多いのではないでしょうか?スクワットにはいくつか種類があり、正しい姿勢で行うなどポイントがあります。ダイエット効果を期待でき、自宅で行える簡単スクワットを4つご紹介します。

その1:通常のスクワット

お尻のお肉と太ももの大きい筋肉に効果的!

通常のスクワットでは、お尻、太ももの大きい筋肉を鍛えられると言われています。大きい筋肉を鍛えることにより、代謝がアップし、筋肉周りの脂肪が燃えやすくなると言われています。痩せやすいダイエット向きの体質を作るためにも、大きな筋肉を鍛える筋トレは取り入れたいもの。太ももの筋肉だけでなく、ヒップアップ効果も期待できますよ!

スクワットの正しいやり方は?

1. 肩幅の広さに両脚を開きます。この時、つま先は少し外側に向けます。
2. 姿勢を正して、太ももと床が平行になる位置まで膝を曲げます。骨盤の位置がぶれないように、垂直に下げるイメージで行いましょう。
3. 膝が完全に伸びない位置まで戻します。
この動きを繰り返し行うのが正しいスクワットです。手は前に伸ばして行うのがおすすめです。

その2:ワイドスクワット

太ももの内側の脂肪を落とす効果が期待できる?

ワイドスクワットは、太ももの内側の筋肉を鍛える運動です。太ももの内側に筋肉がつくことにより、普段は刺激しづらい、内側の脂肪を燃やす効果を期待できます。太ももに隙間がない…とお悩みの方は、実践してみるのがおすすめです。

ワイドスクワットの正しいやり方は?

1. 肩幅の倍くらいの広さに両脚を開きます。この時つま先は少し外側を向くようにしましょう。
2. 通常のスクワットと同様膝を曲げていきます。膝は直角よりも大きい角度になるように、曲げすぎないようにしましょう。膝がつま先よりも前にでないことを意識し、上半身は自然に少し前かがみにします。
3. そのまま膝を曲げた状態を少しキープして、元の状態に戻ります。
この動作を繰り返し行っていきましょう。

その3:ジャンピングスクワット

膝下の筋肉にも効果が期待できる!

太ももだけでなく、ふくらはぎもキュッとしまった美脚を手に入れたい!という方には、ジャンピングスクワットがおすすめです。ジャンプの動きが加わることにより、通常のスクワットより消費カロリーも大きいでしょう。よりダイエット効果を高めたい方に、おすすめです。

ジャンピングスクワットの正しいやり方は?

1. 両脚を肩幅より少し広めに開きます。手は肩から真っすぐ前に出します。
2. 膝が直角になるまで曲げます。骨盤を垂直に降ろしていくイメージで行いましょう。
3. 元の状態に戻るときに、つま先を使って地面を押し上げてジャンプします。この時、両手の反動を使用して、限界の高さまで跳ね上がることを意識します。
4. 足が地面についたらまた同じ動作を繰り返します。
つま先、両手も使用することで、ふくらはぎや全身の筋肉を鍛えることに効果が期待できますね。

その4:サイドスクワット

もっと筋肉に負荷をかけてさらなる効果を期待したい!

通常のスクワットでも継続して続けることにより、筋トレやダイエット効果を期待することができますが、もっと負荷をかけたトレーニングをしたいと感じている方には、サイドスクワットがおすすめです。ヒップアップ効果を高めたいという方にもいいでしょう。

サイドスクワットの正しいやり方

1. 両脚を軽く開いて両手は頭の後ろに添えます。背筋は伸ばして置きましょう。
2. 片脚を横に大きく踏み出します。お尻を後ろに下ろすイメージで腰を落としていきます。膝はつま先より前に出ないようにします。姿勢は正した状態を意識しましょう。
3. 元の状態に戻り、反対側の脚も同様に行い、この動作を繰り返します。

まとめ

自分に合ったスクワットを取り入れよう

スクワットには様々な種類があり、重点的に鍛えることができる部位が異なるのがわかりました。自分にあったスクワットを取り入れて、ぜひダイエットを成功させましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース