【今が旬の万能食材】大根の魅力を丸ごと楽しむ食べ方とは?

スーパーや八百屋では一年中見かける大根ですが、実は今が旬の冬野菜。根だけでなく、緑色の葉も栄養満点のため、1本丸ごと楽しむのがおすすめです。さらに大根には、消化を助けてくれるという胃に優しい嬉しい効果もあるんです!今回は、そんな万能な大根の魅力やおすすめの食べ方を、管理栄養士がご紹介いたします♪

実は冬が旬なんです!

加熱して食べても良し、生で食べても良しの万能な大根。私達の食卓には欠かせない存在ですよね。1年中店頭で見かける大根ですが、実は寒い冬の時期が旬ってこと、ご存知でしたか?

大根を上手に使いこなそう♪

美味しい大根の選び方

・表面が白くてツヤとハリがあり、ずっしりと重いもの
・葉がみずみずしいもの
・ひげ根がまっすぐ並んでいるもの
・先端が丸みを帯びているもの

上記が、大根選びのポイント!ぜひ、お店で買うときにはチェックしてみてくださいね。

葉から根までいただきます!大根の魅力を解説♪

低カロリーでダイエットにも嬉しい!

大根は100gあたり18kcalととっても低カロリー!ダイエッターにはとても嬉しい食材なんです。煮物やスープ等の具材としてたっぷり使うことで、カロリーは抑えつつも食べ応えのある一品に仕上がります。

生のまま食べる場合は、大根おろしやサラダがおすすめ。サラダの場合は歯ごたえが残るように少し太めにカットすると、自然と噛む回数が増え、ゆっくり食べることに繋がり、満腹感を得やすくなりますよ。

葉付きで丸ごと栄養たっぷり!

大根は、葉の付いたものを丸ごと買うのがポイント!根(実)の部分は淡色野菜、そして葉の部分は緑黄色野菜と、1本で一石二鳥の嬉しい野菜なんです。
根の部分はビタミンCや食物繊維、そして葉の部分はβ-カロテンやビタミンC、カリウムや鉄分等も多く含まれています。

食べ過ぎた胃腸にも優しい!

大根には、消化を助けてくれるジアスターゼ等の酵素が豊富に含まれており、お疲れ気味の胃にも、とても嬉しい食材です。ジアスターゼは熱に弱いため、生のまま大根おろしやサラダ等にして食べるのがおすすめですよ。

旬の大根を美味しく味わう、管理栄養士のオススメレシピ!

なめこおろし

消化を助けてくれる大根おろしに、粘膜を保護するなめこを合わせたお腹に優しい一品。大根おろしだけでなく葉も使うことで、大根の美味しさも栄養も丸ごと余すことなくいただけます!

▶「なめこおろし」のレシピはこちら

豚とリボン大根のぽかぽか生姜スープ仕立て

身体をぽかぽか温める働きのある生姜入りのスープは、ちょうど今の寒い冬の時期にぴったり。薄くスライスした大根が、まるで麺のような存在感で、食べ応えもばっちりな具だくさんスープです。

▶「豚とリボン大根のぽかぽか生姜スープ仕立て」のレシピはこちら

低糖質!大根のほっこりグラタン

最後にご紹介するのは、アツアツのグラタン!和風のおかずのイメージが強い大根ですが、こんな洋風のおかずにもぴったりなんです。
マカロニを大根で置き換えているので、低糖質でヘルシーに仕上がっているのも嬉しいポイント。豆乳のホワイトソースとも相性抜群です。

▶「低糖質!大根のほっこりグラタン」のレシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?美味しくて栄養満点、魅力たっぷりの大根、ご紹介したレシピでぜひ1本丸ごと余すことなく楽しんでみてくださいね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース