お腹周りをスッキリしたい!そんな時に試したい運動法の選び方とポイント

くびれたウエストと引き締まった腹筋は、遠い憧れだとあきらめてはいませんか?今の自分にあった運動を取り入れられれば、お腹スッキリの美ボディも夢ではありません◎有酸素運動と無酸素運動の選び方、また合わせて試したい継続のポイントもご紹介します!

【有酸素運動と無酸素運動】お腹やせにはどちらがおすすめ?

有酸素運動とは

運動には大きく分けて2種類あり、有酸素運動と無酸素運動に分けられます。お腹を効率よくへこませるには、どちらが良いのでしょうか?

一般的に有酸素運動とは、軽度から中度の負荷の運動を継続的に続けることをいいます。酸素を使って、体内に蓄積された脂肪がエネルギーとして燃焼していくため、こう呼ばれています。ウォーキングや縄跳び、水泳などが有酸素運動にあたり、脂肪を燃焼できることから、ダイエット効果を期待できます。

無酸素運動とは

無酸素運動は、短時間で強度の負荷によって、筋肉を刺激する運動のことを言います。有酸素運動と違って、筋肉を動かすために酸素を使用しないことから、こう呼ばれています。加圧トレーニング、全力短距離走などが対象になり、主に筋肉を効率よく増やすことができるといわれています。

自分の体に何が必要かを考えよう!

短期間で効率よくお腹をへこませるには、まず下腹部などについている皮下脂肪を燃焼させる必要があります。そういった点で、有酸素運動はお腹やせにはおすすめだと言えるでしょう。

しかしダイエットした身体をキープするには、筋肉が必要です。
太りづらい体作りには、基礎代謝の向上がポイントになります。基礎代謝は、筋肉量を増やすことで向上を期待できますね。つまり、無酸素運動も健康で美しいボディを保つためには重要なのです。

自分の体には今何が必要なのかを考えながら、運動を取り入れていきましょう!

おすすめの運動の順番!

筋トレなどの無酸素運動をすると、脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されると言われています。そのため、お腹の脂肪を減らしたいのであれば、先にクランチやV字バランスなど、腹筋を意識した無酸素運動をした後に、ヨガやウォーキングなどの、軽い有酸素運動を取り入れるのがおすすめです。

【運動と合わせて取り入れたい】モチベーションアップの秘策

ネガティブにならずに、着たい洋服やなりたい自分をイメージして

何事も継続することで効果が期待できます。まずは、続けるという強い意志をもって、具体的な目標を立てることから始めてみましょう。

好きな洋服を買い、きれいに着られるように頑張ろう!と鏡で自分の全身と向き合うのもおすすめです。また、理想となるモデルさんや女優さんを具体的にイメージし、写真などを目に付くところに置いて、自分を励ますのもよいでしょう。モチベーションを高く保つことで、継続しやすくなりますよ!
運動と合わせてぜひ取り入れてみましょう◎

体重は気にしすぎない!

運動を継続していても、体重が思うように減らないこともあるでしょう。しかし体重はそのままでも、体脂肪が減り、サイズがダウンしていることもあります。筋肉がつけば、その分一時的に体重が増えることもあるかもしれません。
お腹やせを狙うなら、体重は気にしすぎず、見た目を意識しましょう◎

まとめ

無理な食事制限は、代謝が低下してしまい、リバウンドしやすい身体になる恐れがあります。運動を取り入れることで、体重を落とすだけではなく、美しく引き締まったボディを手に入れられるかもしれません!自分の生活スタイルと性格にピッタリ合った運動で、理想のお腹になりましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース