「お腹は空いている?」毎食チェックするだけのダイエット習慣とは

自分の食事の適量がわかりますか?食べすぎ、少なすぎになっていませんか?ダイエットする上では自分の適量を食べることがとっても大事。実はお腹の空き具合を毎回チェックするだけで、自分の適量がだんだんとわかってきます。今日からチェックする習慣をつけませんか?

ダイエットのコツは、3食を適量でしっかり食べること

食事で食べた分のエネルギーを、次の食事までにきちんと使いきることができれば、太ることはありません。
しかし使いきれずにエネルギーが余ってしまうと、その分がからだに蓄積され太ってしまいます。

朝・昼・夕の3食を適量できちんと食べていれば、エネルギーがオーバーすることはありません。また、栄養素をバランスよく摂ることができるので、食べた物がしっかりと利用されます。からだの代謝が上がるので太りにくいからだにもなるのです。

しかし、お腹が空いてないのに気持ちだけで食べたり、お腹が空いているのにダイエットだからと食事を抜いたり・・・。
自分にとっての適量がわからず食べすぎたり、少なすぎたりすると効果的にダイエットできません。

お腹の空き具合をチェックして、自分の適量を知る

食べる前にお腹の空き具合をチェックする習慣をつけると、適量がだんだんわかってきます。自分にとっての適量は、実は自分のからだが一番よくわかっているのです。

「お腹が空かない、もたれているかんじがする」

前の食事の量が多すぎた、または食べた量に対して運動や生活活動での消費の方が少なかった状態です。その他、前の食事が足りなかったため、間食をしてしまった場合なども考えられます。エネルギーが余っている状態で、これが続くとからだに脂肪が蓄積していきます。

お腹が空かないからと食事量を減らして食べるので、次の食事までにお腹が空いてしまい、間食をしてしまうという悪循環になります。

「ものすごくお腹が空いている」

前の食事の量が足りていなかった状態です。または前の食事時間が乱れて食事時間の間隔が空きすぎたときなどです。前の食事でエネルギーはオーバーしていなくても、この状態で一気に食べると、血糖値が急激に上がり、食べた物が脂肪として蓄積されやすくなります。
また、お腹が空いていると早食いになるので、食べすぎにつながる可能性もあります。

「ほどよくお腹が空いている」

食事の量がきちんとからだに合っている状態です。次の食事までお腹が空かないように、またしっかりと食べることができます。いろいろなものを食べることで、様々な栄養素をバランスよく摂ることができます。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース