【痩せたい!】高校生がダイエットのために実践すべき4つのこと

最近は高校生でもメイクを始めるなど、美への意識が高まっているように感じられます。周りの目が気になり始める時期に差し掛かり、体重や体型について悩んでいる10代は少なくありません。高校生向けのダイエットの注意点とダイエット方法をご紹介します。

高校生はダイエットしちゃダメ?

高校生だから成長期にダイエットなんてしてはいけないという人も居ますが、それでも自分の体重や体型は気になってしまうものです。まずは本当にダイエットが必要なのかどうかを見極める必要があると言えます。そして、きちんと注意点さえ守ればダイエットしても問題ない場合もあると考えられます。

ダイエットでやってはいけないこと

それでは、高校生がダイエットで守るべき注意点とは何でしょうか?
それは、過度な食事制限しないことでしょう。高校生の成長期は、体と心を充実させる大切な時期ではないでしょうか。そんな時期に栄養が不足すると、心が不安定になってしまったり、体がしっかりと発達しないため怪我をしやすくなったり、その後むしろ太りやすくなってしまう可能性があると言われています。

過度な食事制限の怖いところ

過度な食事制限を続けると、最悪の場合、拒食症・過食症といった病気になってしまうことも考えられます。特に女性においては、急激な体重減少により生理不順になり、その状態が続くと将来的に妊娠が難しくなってしまう恐れもあります。一生健康でキレイな体をキープしたいのであれば、バランスの良い食事を取ることを心がけましょう。

ダイエットのための4つのこと

食事制限がだめなら、いったいどのようなダイエットを行えば良いのでしょうか?
ここからは高校生など10代にダイエット効果が期待できる4つのことをご紹介します。

バランスの良い食事を取る

エネルギー、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどバランスの良い食事を、3食食べるようにしましょう。できるだけ、ファストフードなどは控えることをおすすめします。部活などで運動している人は、その分体がエネルギーを必要とするので、運動量と照らし合わせた食事を取るようにしましょう。

おやつを見直す

バランスの取れた食事を摂っていても、スナック類やチョコレートなどのお菓子類が多ければその分太ってしまう可能性もあります。毎回のおやつをスナック菓子やクッキーなどではなく、フルーツやナッツ、噛みごたえのあるものを選ぶと満腹感が得られるでしょう。間食をする際には、食べる内容を工夫して食べましょう。
また、甘いジュースには砂糖がたくさん入っているものが多いと言われます。飲み物もお水やお茶、栄養豊富な豆乳などがおすすめです。

■【間食はダイエットの味方?!】お腹が空いたときに「食べる」がラクやせするポイントだった!!

運動する

体を動かす部活をしている人は十分かもしれませんが、普段あまり体を動かさない人は、体育の時間以外にウォーキングやストレッチなど体を動かす習慣を身に付けましょう。適度な筋肉をつけることで体が引き締まって見えるようになりますよ。

早寝早起き・十分な睡眠

10代の睡眠は疲労回復だけでなく、体の成長にも関わりがあります。また、睡眠不足はダイエットの効果を弱める可能性があるという研究もあります。早寝早起きを心がけて、質の良い睡眠を十分に取りましょう。

■美Bodyは睡眠から! ”寝不足” がダイエットに関係あるって本当?

まとめ

10代は体が成長する時期のため、当たり前に体重が増加します。それは「太った」のではなく、「体が大人になっている」と言うことではないでしょうか。それでも痩せたい!という悩みを抱えている高校生は、食事制限はせずに上記に挙げた4つのポイントを実践してみることをおすすめします。
将来的に健康で美しい体をキープするためにも、痩せたい高校生は、まず本当に自分にダイエットが必要なのか見極めることを絶対に忘れないでください。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース