【ポッコリお腹にお悩みの方は必見です!】○○するだけでくびれを取り戻せる!?

食事制限や筋トレを頑張っても、腰回りのお肉は落ちにくいものです。下腹部をダイレクトに刺激して腰回りを引き締めたいなら、腰をゆっくり回して筋肉を鍛える「腰回しダイエット」がおすすめです。骨盤の歪みやぽっこりお腹の解消に期待ができますよ。

ぽっこりお腹の原因は日々の生活の中に!

頑張って筋肉トレーニングをしていても、腰回りだけ痩せなくて悩んでいるという方は多いでしょう。実は、腰回りが痩せにくい原因の一つに、日常生活から生じる骨盤の歪みがあります。鞄を片方の肩にばかりかけたり足を組んで椅子に座ったりして、いつの間にか骨盤が歪み、痩せにくい体になっているかもしれません。

内臓が落ちてぽっこりお腹に

骨盤は胃や腸の受け皿です。そのため、骨盤が歪んだり開いたりすると、骨盤の上にある内臓まで正しい位置からずれてしまいます。その状態が続くことで、内臓が下に落ち下腹部がぽっこりと出ているように見えることがあるのです。

■今すぐ痩せたい! ポッコリお腹に効果的なエクササイズでダイエット!

腰回しダイエットとは?

骨盤の歪みを整える

腰回しダイエットとは、歪んだ骨盤を整えるエクササイズとしておすすめです。腰を少し落として円を描くようにゆっくりと回すことで、歪みを整えて骨盤周りの筋肉を刺激し、血液やリンパの流れを良くします。代謝が改善されるので、むくみの改善にも繋がります。

内臓の位置も戻す

このエクササイズによって骨盤の歪みや開きが解消されることで、内臓の位置も戻すことにも役立ちます。下がってしまった内蔵が元の位置に戻ることで、ぽっこりお腹の改善に期待ができるのです。

産後にもおすすめ

産後の骨盤の開きが気になる方は多いでしょう。この腰回しダイエットは、そんな産後にもおすすめしたいエクササイズです。赤ちゃんを抱いたままできるので、引き締めやむくみ改善だけでなく、気晴らしにも良いですよ。

■【1ヶ月で効果を実感?!】ぽっこりお腹を引き締める!楽やせエクササイズとは?

腰回しダイエットのやり方

基本編

1.両脚を肩幅より少し大きく広げます。
2.背筋を伸ばし、膝を緩めて、腰を少し落とします。
3.腕をクロスさせて、手を左右の肩の上にのせます。
4.おへそを中心にして、上半身を固定したまま腰だけをゆっくり回しましょう。呼吸は止めずに腹式呼吸です。
5.3秒で1周させる速度で腰を回します。
6.時計回りと反時計回りで、5分ずつ行いましょう。

大きく回すのではなく、小さく回すのがポイントですよ。

股関節も動かしてみよう!

1.床に仰向けになります。
2.片足をお腹の方へ引き上げます。
3.上げた足を外側へ半円状にゆっくり10回まわします。
4.足を伸ばした後、床におろします。
5.反対側の足も同様に行いましょう。

骨盤と股関節は共通した筋肉を使っています。腰回しエクササイズの後に股関節を回すことで、よりいっそう骨盤の歪み改善に期待ができ、ダイエット効果もアップするでしょう。

まとめ

腰回しダイエットの良いところは、短時間で簡単にできるところです。家事の最中や会社の昼休みなど、気がついた時に手軽にできるので継続しやすいでしょう。骨盤の歪み改善以外にも、コリの解消や血行促進にも期待ができると言います。腰回りやウエスト、ぽっこりお腹が気になる方はぜひ始めてみてくださいね。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース