【食べ合わせも重要だった?!】ダイエット効果をさらに引き出す「人参」の秘密って?!

β-カロテンの豊富な人参。しかし、人参にはβ-カロテン以外にも様々な栄養素が含まれているのです。そこで今回は、人参に含まれる栄養素と期待できる健康効果、栄養素を効率良く摂取できるおすすめの食べ方についてご紹介します。

人参に含まれる栄養素とは?

β-カロテンが豊富な人参

数ある野菜の中で、最も多くのβ-カロテンを含んでいると言われているのが人参です。β-カロテンはビタミンAの一種で、「カロテン」という名前は、人参の英語名である「キャロット」からきていると言われる程、人参にはカロテンの一種であるβ-カロテンが豊富に含まれています。

β-カロテンには女性に嬉しい効果が豊富!

人参に多く含まれるβ-カロテンには、免疫力を向上させる働きがあり、風邪などのウィルスに負けない健やかな身体づくりに役立ってくれます。また、β-カロテンには目の粘膜を強化させる作用が期待でき、白内障・夜盲症といった目の疾患予防にも繋がります。さらに、たんぱく質を合成して皮膚の状態を整える働きや紫外線から肌を守る働きもあるので、肌トラブルや日焼け・シミの予防にもつながり、美肌効果を期待することができます。

■【緑黄色野菜の王様!】「ほうれん草」を使ってやせやすい体質にする方法とは?!

人参を食べることで期待できるダイエット効果は?

優秀な栄養素

人参にはペクチンという食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整え、便秘解消に繋がります。また、腸内環境が整うことで食べた栄養素をきちんと吸収することができるようになるもで、疲労の回復や免疫力の向上なども期待することができます。

むくみ解消

人参の香り成分のクマリンは血液の流れを潤滑にする働きがあり、血流やリンパの流れを改善する効果があると考えられています。また、カリウムも含まれているのでこれらの成分が相乗して作用することで、血行不良や冷えの改善、むくみ解消などの効果が期待できると言われています。

人参はこうやって食べるのがおすすめ!

炒め物や揚げ物で油と一緒に摂取

人参に多く含まれるβ-カロテンは脂溶性の栄養素であるため、食べるときは炒め物や揚げ物など油を使う料理がおすすめです。油と一緒に摂取すると、β-カロテンを効率よく体内に取り入れることができますよ。

ビタミンCやビタミンEと一緒に摂取

人参に多く含まれるβ-カロテンをビタミンC・Eと一緒に摂取すると、抗酸化力がアップし、アンチエイジング効果を期待することができます。そのため、人参を食べるときは、ビタミンC・Eが豊富に含まれるブロッコリーやピーマン、パプリカなどの野菜と一緒に摂取すると良いでしょう。

■【内臓脂肪の蓄積を抑制?!】「ブロッコリースプラウト」にはものすごい〇〇が含まれていた!?

スープやジュースにアレンジ

人参のニオイや食感が苦手という方は多いのではないでしょうか?そんな方には果物と一緒にスムージーの中に入れたりするとニオイも食感も気になりずらくなるのでおすすめです。調理方法などをアレンジして、食べやすい方法を探してみるのもいいですね。


人参を食べるときは、是非今回ご紹介した内容を参考にしてみてくださいね。より効果的に栄養素を摂取できるはずです。

人参おすすめレシピ

お野菜たっぷり牛肉のトマト炒め

人参と食べ合わせが良いとされるピーマンとブロッコリーと一緒に食べて効果アップ!
▶「お野菜たっぷり牛肉のトマト炒め」レシピはこちら

春にんじんの豆乳クリームパスタ

1食分に約半分の人参入っている豆乳クリームパスタ!人参をすりおろすので、人参嫌いな方でも食べやすいかも!
▶「春にんじんの豆乳クリームパスタ」レシピはこちら

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース