【キャベツに塩を加えるだけ!】ダイエットパワーがすごい?!乳酸菌キャベツを知ってる??

キャベツは食物繊維やビタミンが豊富な、ダイエットの味方です。そんなキャベツが、塩を加えて揉んだ後にそのまま漬けておくだけで、乳酸菌が豊富な「乳酸菌キャベツ」になります。あえて漬物にすることで、キャベツを食べるメリットが更に増えますよ!

乳酸菌キャベツとは?

キャベツの漬物

乳酸菌キャベツとは、キャベツの漬物です。千切りにしたキャベツに塩を加えて発酵させた食べ物です。国によって呼び名が違い、英語ではサワークラウト、仏語ではシュークルートと呼ばれ、「すっぱいキャベツ」という意味をします。

漬物にするメリット

漬物にするメリットとしては、漬けることによりカサが減り、1回で多くのキャベツを食べることができます。また栄養素はほぼ変わらずに、体に良い乳酸菌を増やした状態で摂取できるので、より効果的にキャベツを食べることができるでしょう。さらに、油は使われていないのでダイエット中には嬉しいですよね。塩分が気になる方は、お好みで塩分量を調節するといいですよ。

■キャベツの栄養効果はチャンピオン級!?その実力と美味しいレシピをご紹介

乳酸菌が増える!

本来、食材を発酵させるには「タネ(菌)」が必要となりますよね。ヨーグルトや納豆を自宅で作る場合、原料の他に発酵させるためのヨーグルト菌や納豆菌が欠かせないでしょう。しかし、乳酸菌キャベツを作るのに必要なのは、キャベツと塩だけです。なぜなら、キャベツには乳酸菌が必要とするオリゴ糖が含まれているので、タネがなくても発酵し乳酸菌が増殖すると言います。

乳酸菌キャベツがダイエットに良い理由

乳酸菌とキャベツの相乗効果で腸内環境を整える

キャベツは、食物繊維が豊富でビタミンC、Kといった美肌づくりや骨粗鬆症を防ぐ成分も摂取できる美容・健康効果に期待できる食材です。また、キャベジンと呼ばれるビタミンUは胃腸薬の成分にもなっていることから、胃酸の分泌を抑え、胃腸の粘膜組織の保護に役立ちます。
乳酸菌キャベツにすることで、キャベツ本来の体に良い成分が失われるのを防ぎ、さらに乳酸菌を効率的に摂取できるのでダイエット中にはおススメだと言えるのです。

乳酸菌キャベツの乳酸菌は、生きて腸まで届きやすい

乳酸菌キャベツの乳酸菌は植物性です。ヨーグルトなどの動物性の乳酸菌と比べて強い酸性の下でも耐えられるのが特徴です。乳酸菌は、腸内環境を整える善玉菌のエサとなり、悪玉菌の増殖を抑えて腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を良くすることに繋がりますよ。
ダイエットを成功させるためには、便通が良いことも不可欠ですよね。そこで乳酸菌キャベツを食べて腸内環境を整え、体に溜まっている毒素や老廃物を外に排出することで、美しく健康になりましょう。

■ヨーグルトは菌を選ぶ時代!気になる症状別おすすめ乳酸菌

乳酸菌キャベツの作りかた

失敗しないポイント

乳酸菌キャベツの作り方は、キャベツを千切りにして塩を加え、保存袋に入れて置くだけです。しかし、その際に他の雑菌も繁殖して失敗してしまう場合もあります。美味しい乳酸菌キャベツを作るには、清潔な道具・環境で作ることが失敗しないポイントとなりますよ。

乳酸菌キャベツレシピ☆

材料は、キャベツ1個と塩を用意するだけOKです。

①キャベツを千切りにします。
②キャベツの重量の約2%の塩を加えて混ぜます。
➂清潔な瓶やジッパー等に入れます。
④直射日光の当たらない常温の場所で約1週間前後置いておけば完成です。
※夏場は室温で3日程度を目安にしてください。

いかがでしたでしょうか?

乳酸キャベツの食べ方は、そのまま箸休めとして食べたり、お料理に加えても良いですね。工夫次第でアレンジは様々あります。例えばサンドイッチの具にしたり、スパイスなどを加えてザワークラウト風にしても美味しく食べられるでしょう。ご家庭でも簡単に作ることができますので、毎日少しずつ摂取するといいですよ。継続して、ダイエットの成功に向けて頑張りましょう。

■【驚愕】キャベツ以上の栄養分が?!健康美を支える芽キャベツの豊富すぎる栄養素

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース