【世界中で流行中?!】効率的にやせたいなら「ネガティブトレーニング」がおすすめ!?

筋肉トレーニングで行う動作には、ポジティブとネガティブの2種類があることをご存知ですか?今回はその中でもネガティブトレーニングについて特徴や効果、方法についてご紹介していきます。

ネガティブトレーニングって何?

トレーニングで行う動きには、ポジティブとネガティブの2種類が存在します。ポジティブが筋肉を収縮させる動作なのに対して、ネガティブは筋肉を伸ばす動作のことを指します。たとえば、ダンベルを使ったトレーニングでも、腕を曲げてダンベルを持ち上げる動作が「ポジティブ」、腕を伸ばしてダンベル下げる動作が「ネガティブ」ということになります。筋肉をゴムで例えると、縮んでいるときより伸びているときの方がダメージが大きいですよね。つまりネガティブトレーニングは効果的に筋肉が鍛えられると言われているのです。

世界中で注目されている

今回のテーマであるネガティブトレーニングは、こういった2つの動作のうち、ポジティブな動作よりもネガティブな動作に重きを置いたトレーニングのことを言います。現在、ネガティブトレーニングは、その効果の高さから世界中で大人気となっているそうです。

ネガティブトレーニングの効果

筋線維が破壊されやすい

筋肉を鍛えるためには、筋線維の破壊と回復を繰り返すのが効果的とされています。ネガティブトレーニングでは、伸張性収縮によって筋肉に強い刺激が加わるため、筋線維が破壊されやすくなると言います。筋線維の破壊によって筋肉が増大するため筋肉痛が起こったら、1~2日ほど休んで回復させればOK。こういったペースでトレーニングを繰り返していけば、効率良く筋肉量の増加を図っていくことができます。

▶【ダイエットお悩み相談室】筋トレのタイミング・効果的な食事内容とは?!

重さのあるウエイトでも扱いやすい

ネガティブトレーニングの下ろす・戻すという動作なら、比較的重さのあるウエイトでも扱えるようになります。重さのあるウエイトを扱えるようになるということは、そのウエイトの重さの分だけ筋肉に負荷を与えることができるため、効率良く筋力の向上を図っていくことが可能です。

ダイエットにも効果的

ネガティブトレーニングで筋肉量や筋力が向上すれば、基礎代謝がアップ。エネルギーの消費効率が高くなることで、ダイエットの結果が出やすいやせ体質への改善を図ることができます。

▶【ダイエットの新常識】代謝アップには筋肉だけではなく○○が重要だった!?

自宅でネガティブトレーニングに挑戦するには?

ダンベルを使う方法

ネガティブトレーニングを自宅で行うときは、ダンベルを使うのがおすすめです。方法は、とっても簡単。普通のダンベル運動をするようにダンベルを上に持ち上げたら、8~10秒かけて、ゆっくりとダンベルを元の位置まで下ろしていきましょう。そして、ダンベルを下ろしている間の筋肉に負荷のかかるポイントで動きを止め、15秒程その状態をキープします。それを10回5セットを行ってください。

効果を高めるためのポイント

ネガティブトレーニングを行うときは、常に筋肉に力を入れ続けることが大切です。筋肉に力を入れ続ければ、筋肉内の血管が圧迫されやすくなり、筋肉に加わる刺激の量が大きくなるでしょう。

▶ダイエットにおすすめの○○って?そのメリットとは?

短期間で効率良く筋肉を鍛えていきたいという方は、是非今回ご紹介した内容を参考にネガティブトレーニングに挑戦してみてください。基礎代謝の向上によってダイエットの結果も出やすくなりますし、適度に引き締まった美しい身体に改善することが期待できますよ。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース