【話題沸騰中?!】太りにくくなる「ファイトケミカルスープ」って?

血糖値の急な上昇を抑えることで、体脂肪の蓄積を抑えて太りにくくなることは皆さんご存知ですよね。今回は普段の食事の前に飲むだけで血糖値の急な上昇を抑えられる「ファイトケミカルスープ」をご紹介します。

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルの「phyto」は植物、「chemical」は化学成分という意味をし、ファイトケミカルを訳すと「植物由来の科学成分」となります。これは野菜や果物、豆類、海藻、お茶(茶葉)など、植物性食品のもつ特有な色素や香りなどの成分です。身近なものでは、ニンジンやカボチャのβ-カロテンやお茶(茶葉)のカテキン、トマトのリコピン、ブドウのポリフェノールなどがあります。主に抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。

代表的なファイトケミカル

ファイトケミカルの種類は数千から一万程あると言われ、ポリフェノール系、カロテノイド系、硫黄化合物系、テルペン類、サポニンなどに大きく分類されます。

<ポリフェノール系>:アントシアニン、カテキン、イソフラボン
抗酸化物質として人間の体内で働く成分。

<カロテノイド系>:β-カロテン、リコピン、アスタキサンチン
強い抗酸化作用からガンや生活習慣を予防し、美肌効果なども期待できる色素成分。

<硫黄化合物系>:ワサビなどに含まれるアリルイソチオシアネート
強い殺菌効果があり、血流の改善が期待できる成分。

<テルペン類>:ハーブやかんきつ類に含まれる、リモネン、メントール
生活習慣病の予防や、その香りから抗うつ作用のある成分。

<サポニン>:大豆などに含まれる
脂肪やコレステロールを取り除く効果がある成分。

植物だけが持つ力

なぜファイトケミカルは植物にしかない成分なのでしょうか。それは、動物と違って植物は自分で動くことができません。そのため、紫外線や害虫などの外敵から身を守るためにファイトケミカルという独特な成分(苦みや渋み、色素など)を持っているのです。この特別な成分は、植物だけでなく私たち人間にも嬉しい効果をもたらすと言います。

▶なぜ野菜は食べたほうがいいの?キレイに痩せる食べ方はコレ!

ファイトケミカルをダイエットに取り入れよう

食前に食べて太りにくくする?

ファイトケミカルをダイエットに取り入れることは、健康に良いだけではなくダイエット効果にも期待ができます。そこでおすすめしたいのが「ファイトケミカルスープ」です。このスープを食前に摂ることで、食事に含まれる糖分の吸収が穏やかになり太りにくくなると言われています。また、スープにすることによってよりたくさんの野菜を一度に摂取できますよね。そのため、満腹感も得られて食べ過ぎを防止しカロリーや食欲コントロールにも役立つでしょう。さらに、野菜の食物繊維もたくさん摂れるファイトケミカルスープはダイエット中の食物繊維不足の解消にも効果的でしょう。

話題の抗酸化力

ファイトケミカルの中でも注目されている効果としては、抗酸化力です。これは、日常生活の中で日々作り出される活性酸素を除去して、老化を防いでくれます。つまり、病気にならない体づくりや美肌効果にも大きな期待ができますよ。

ファイトケミカルスープの作り方

ベーシックな食材

ファイトケミカルスープは基本的にはキャベツ、人参、かぼちゃ、たまねぎなど、普段スーパーなどで気軽に買える食材を中心にして作るスープです。使う食材によって様々なアレンジができますよ。

簡単ミネストローネ

ファイトケミカルスープは野菜をたっぷりの水で煮るだけでも作れますが、今回はダイエットプラスのレシピより、食べやすく美味しいミネストローネをご紹介します。キャベツやトマトのβ-カロテンやリコピンたっぷりのスープです。

▶「簡単ミネストローネ」レシピはこちら

いかがでしたか?

たくさんの野菜をスープに入れることで、より野菜を摂取しやすくなります。さらに、このスープを食前に摂るだけで食べ過ぎの防止にも繋がるのでダイエットにも効果的でしょう。その他にも、一度にたくさんのスープを作り置くことができるため、忙しい時でも簡単に取り入れることができます。またスープに使う野菜は、スーパーなどで年中手に入れることのできるものばかりで、季節を問わず手軽に続けることができそうですね。是非ファイトケミカルスープを毎日の食事に植物のパワーを取り入れて、健康的にダイエットしましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース