【ポッコリお腹もすぐに解決?!】話題沸騰中の「オチョダイエット」って?!

数年前にテレビで紹介されて以来、手軽でありながら即効性も期待できるということから、注目されている「オチョダイエット」。ちょっと変わった名前が印象的ですが、どんなダイエットか想像できない方も多いのでは?その方法や効果などをご紹介します!

オチョダイエットとは

「オチョ」とはスペイン語で「8」を意味します。アルゼンチンタンゴ講師の肩書きをもつ俳優の進藤学さんが考案されたダイエット方法で、アルゼンチンタンゴの基本ステップが元になっています。身体を8の字に動かすことで筋肉を効率的に使い、短期間でダイエット効果を期待できるということで注目されています。

▶【たった10分腕を振るだけ?】「腕振り運動」は超簡単なのにダイエット効果があった?!

具体的な効果

■インナーマッスルを鍛える
普段動かすことの少なりウエスト周りを動かす「オチョ」は、普段鍛えることが難しいインナーマッスルを鍛えることに繋がります。ポッコリお腹の解消、胃腸機能の向上、姿勢改善などの効果を期待することができます。

■骨盤矯正
腰を8の字に回す運動によって、歪んだ骨盤を正常な位置に戻すことができると言われています。骨盤が正しい位置に戻ることで血流が良くなり、筋肉が活発に動くようになるため、ダイエット効果が得られやすい体質への改善を期待できます。

■便秘解消
腰をねじる運動は腸機能の活性化に繋がります。また腹筋も鍛えられるため腹圧が高まり、便通をスムーズにする効果が期待できます。

■肩こり解消
二の腕を8の字に動かすときは、肩甲骨を意識して行うことがポイントです。このことから血行が良くなり、筋肉に溜まった老廃物が排出され、肩こり改善の効果も期待できます。

基本的な「オチョ」のやり方

1.足を肩幅に開き正面を向いて立ち、お腹・お尻に力をいれます。
2.腰を左前につき出し、身体の左側に円を描くように回して元の位置に戻します。
3.今度は右前に腰をつき出し、身体の右側に円を描くように動かして元の位置に戻します。

上から見たときに8の字を描くようにイメージしながら動かしましょう。8回×8セット(5分程度)行えると良いでしょう。ポイントとして、上半身はキープしたまま、腰だけを回します。腰に手を当てると腰の動きを意識しやすくなるのではないでしょうか。インナーマッスルを意識して取り組んでいきましょう!

部分やせにも効くオチョの動き

ウエストと並んで、体型が気になる身体の部位として多く挙げられる二の腕。オチョの動きで、二の腕やせの効果も期待できます。二の腕のシェイプに効果的と言われるオチョをご紹介します。

1.足を肩幅に開き、正面を向いて立ちます。
2.両腕を水平に広げます。この時に手の甲は正面に向けましょう。
3.手のひらで空気を押すように両腕を後方へ動かします。
4.両手のひらを正面に返し、手のひらで空気を押すように両腕を前方へ戻す。

このように腕を8の字を描くように回し、これを8回×4セット(3分程度)行えるのがベストです。ポイントとして、しっかりと腕を伸ばして肩甲骨を意識して回すということが挙げられます。二の腕シェイプ、猫背解消やバストアップ、肩こりにも効果が期待できます。

▶【女性に人気&注目度No1?!】脂肪燃焼や引き締め効果に期待できるエクササイズって?!

まとめ

簡単な動きで即効性が期待できると言われているオチョダイエットですが、姿勢や意識の違いで実感できる効果も変わるそうです。テレビを見ながら、歯磨きをしながらなど、スキマ時間にできることも魅力のひとつです。ぜひ楽しく取り組んでみていただければ幸いです!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース