【寒い日は鍋でダイエット?!】ダイエット中にオススメの具材を知ってる?!

冬の定番メニューでもある鍋は、専門店があるほど老若男女問わず人気ですよね。調理が楽なだけではなく、野菜などの食材をたっぷりとれるお手軽メニュー。今回は、ダイエット中にオススメの鍋具材をご紹介します!

ダイエット中に選びたい!ヘルシーな具材5選

白菜

鍋といえば欠かせないのが白菜。どんな鍋とも相性が良好ですよね。白菜は食物繊維が豊富なうえに、100gあたり14kcalと低カロリーの野菜です。さらに、高血圧予防に効果的と言われるカリウムや、美肌や風邪予防に効果が期待できるビタミンCも多く含まれています。

鶏肉

鶏肉は高たんぱくで、肉類の中でも比較的低カロリーです。部位によって異なりますが、脂身をカットすれば、なおカロリーカットに繋がります。たんぱく質は、ダイエット中に必要な筋肉作りや皮膚や髪の毛などをつくる土台となる大切な栄養素です。

豆腐

味が淡白なのでどんな鍋にも相性は抜群ですよね。大豆を原料とする豆腐は、栄養価がとても高い食材です。女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンや、便秘解消、肥満予防に効果的なサポニンなど、女性が喜ぶ栄養効果が期待できます。また、カサ増し食材として活用するのもオススメです。

▶【おすすめダイエット食材】「豆腐」に秘められたもの凄いダイエットパワーって?!

キノコ類

しめじ、えのき、舞茸、しいたけとキノコ類は種類が多い食材ですが、鍋にはどのキノコも合うでしょう。キノコには豊富な食物繊維が含まれており、満足感が得られやすいのはもちろん、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれるうえに低カロリー。さらに、旨み成分がたっぷりなので鍋の美味しさをよりアップさせてくれるでしょう。

しらたき

しらたきはダイエット食材としても定番ですよね。しらたきのほとんどが水分や食物繊維であるため、100gあたり約6kcalと低カロリーです。また、値段もお手頃なので取り入れやすいのではないでしょうか。しかし、しらたきに似ている春雨などは糖質を多く含むため食べ過ぎには注意が必要です。

鍋の決め手!スープの選び方!

鍋には様々な種類があります。ちゃんこ鍋やキムチ鍋、豆乳鍋、カレー鍋、トマト鍋など、最近では変わったスープの元がたくさん販売されています。しかし、市販にあるスープの元は、糖や脂質などの添加物が多い場合があるので注意が必要です。ダイエット中ならば、手作りのスープをおススメします。出し汁を活用して上手に味付けをすれば、余計な調味料を入れなくとも、野菜や鍋の具材のうま味が引き立って美味しくなりますよ。

▶鍋=低カロリーは大間違い?ヘルシー鍋に仕上げる方法とは?

まとめ

鍋は寒い冬はもちろんのこと、暑い夏も冷房で冷えた身体を温めてくれる嬉しい料理です。野菜もたくさん摂れる鍋は身体にも優しいメニューだと言われています。鍋に入れることで、カサも減るので無理なくたっぷりの野菜を取り入れることができるでしょう。調理も簡単なのでズボラさんや面倒くさがり屋さんにもおすすめです。体が温まることで新陳代謝もアップ、美肌効果を期待できるなど魅力の詰まった鍋を、ぜひたくさん取り入れてみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース