【やっぱりすごかった!】「大股歩き」のダイエットパワーが大注目?!

日常生活の歩き方をチョット意識するだけで、ダイエット効果が期待できることをご存知でしょうか?その方法はとてもシンプルで、歩幅を大股歩きに変えるだけ。たったこれだけで引締め効果に期待ができると言われています。そこで今回は、大股歩きについて具体的にご紹介します!

大股歩きってどんなもの?

皆さんは日常ではどんな歩き方で歩いていますか?ただ、だらだら歩いているだけではカロリー消費が少ないだけではなく、ダイエット効果もあまり期待できません。せっかく歩くなら、効果が期待できるような歩き方を取り入れた方が一石二鳥ですよね。そこでおすすめな歩き方が「大股歩き」です。日常に大股歩きを取り入れるだけで、消費カロリーの増加や全身の引き締め効果、骨盤矯正効果、便秘解消、むくみ予防などに期待できると言われています。

大股歩きのやり方は?

ダイエットとして大股歩きをする場合、より効果を実感するためには、まず正しい歩き方をしっかりと身につけることが重要です。その上で歩幅を大股にすることで、下半身に筋肉がつき燃焼効果がアップすると言われています。

基本の大股歩き

①準備運動
大股歩きは、普段使用していない太ももの筋肉を使うため、はじめのうちは筋肉痛になることもあります。大股歩きを始めるまえにはしっかりとストレッチを行い、終わったあとはマッサージを取り入れると良いでしょう。

②姿勢
目線はまっすぐに、壁に頭・肩・お尻・かかとをつけて、一直線上にある状態が基本的な姿勢になります。この時、体と壁に大きなスキマができたら、姿勢を改善する必要があります。

③歩き方
姿勢を意識しながら、歩いている時はかかとから着地します。次に体重をかかとから親指に移動させるようなイメージで前方向に移動させます。そして、爪先で地面を蹴るようにして歩きます。また、一本の線に対して両足の内側が接するような感覚で歩くといいでしょう。

④歩幅
歩幅は肩幅よりも大きくなるように意識して歩きましょう。ポイントは腕を大きく振ることです。そうすることで、最初はきつく感じるかもしれませんが、続けるうちに自然とラクに歩けるようになるでしょう。

▶【ウォーキングよりやせる?!】運動嫌いでも続く話題の「スロージョギング」って?

大股歩きはどんな効果があるの?

カロリー消費量アップ

大股歩きだと、普段の歩き方よりも消費カロリーは多くなります。ただ毎日の行動を大股歩きに変えるだけで、ダイエット効果に繋がるなんて素晴らしいですよね。

上半身も下半身も両方スッキリ

大股で歩くことにより、脚の筋肉が鍛えられるのはもちろん、お腹周りにあるインナーマッスルまで鍛えることができると言われています。脚の筋肉は全体の半分以上を占めているため、鍛えることで代謝が上がって脂肪燃焼の効率もアップするでしょう。また、お腹周りのインナーマッスルの強化により、ポッコリと出ていた下腹が引っ込んでスッキリお腹を目指すこともできると言われています。

むくみにくくなる

大股歩きは、脚全体の筋肉をまんべんなく使って歩くため、全身の血行が良くなり、冷えを改善するほか、むくみにくい体質を作ることができると言われています。大股歩きを続けるだけで、むくみがちな脚もスッキリしてくるのを実感できるはずです。

骨盤矯正

大股歩きをしている最中は、骨盤を意識しながら歩くことで歪んだ骨盤を改善する効果が期待できるようになると言われています。骨盤がゆがんでいると、内臓機能の悪化やポッコリお腹、姿勢の悪化、便秘などに繋がる可能性があるので注意が必要です。

▶忙しい毎日にも◎通勤時間にできちゃう【早歩きダイエット】

まとめ

いかがでしたか?ジムに通う時間がない方や面倒くさがりの方、運動が苦手な方でも簡単に取り入れることができるダイエット方法ではないでしょうか?仕事や学校の帰り道や買い物などで「大股歩き」を習慣にして痩せクセをつけましょう!続けるうちにいつの間にかスッキリしたボディラインになっているかもしれませんよ。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース