【座りながらお腹やせ!?】ラクしてやせる「座ったまま足踏み」のやり方って?

やせたい部分でまず思い浮かべるのが「お腹」という方は多いはずです。けれどエクササイズや運動をする時間を取るのは難しい、面倒ですよね。そこで今回は、座ったまま行える足踏みエクササイズをご紹介します!ラクして憧れのぺたんこお腹を手に入れましょう!

座ったままでOK!足踏みダイエットとは?

「ぽっこり出たお腹が気になる」「お腹周りの脂肪が気になってオシャレが楽しめない」「憧れのぺたんこお腹になりたい」など、お腹周りに関するお悩みをお持ちの方は多いと思います。しかし、エクササイズや運動、食事制限を行うとなると、ハードなイメージからなかなか取り組みにくいですよね。

そこでおススメしたいのが、「座ったまま足踏みダイエット」です。座ったまま足踏みするだけなら、デスクワーク中でもできるので忙しい方にもピッタリです。また、ガマンや頑張る必要はないので、面倒くさがり屋さんやズボラさんでも続けやすいと言われています。

座りながらで本当にやせる?

座ったまま足踏みするだけで、期待できる効果がこんなにあります。

・ぽっこりお腹の解消
・便秘の改善
・引き締まったくびれを作る
・骨盤の歪みやズレを整える
・姿勢が良くなってボディラインが整う
・基礎代謝を上げて太りにくい体を作る
・血流を良くしてむくみや冷えを予防

▶【1日3分!巻くだけでサイズダウン?!】「巻くだけダイエット」が人気の理由って?

椅子に座ったままの足踏みダイエットのやり方

始める前に

座ったまま足踏みダイエットを行う前に、まずは座る姿勢を整えましょう。姿勢が悪いと、お腹周りの筋肉がうまく使われないうえに、効果が薄れてしまいます。正しい姿勢を保つことは、お腹周りの筋肉強化に繋がるだけではなく、見た目も美しく見えます。また、日常生活の中でも正しい姿勢を意識すれば、自然とお腹周りがスッキリとすると言われています。

足踏みのやり方

<基本的な座り方>
1.椅子の中心ぐらいに座りましょう。
2.両足は肩幅ほどに開いて、つま先は正面を向けます。
3.両手はこぶしを作って太ももの真ん中あたりに置きます。

<足踏みの仕方>
1.両手のこぶしで太ももを押しながら足踏みをしましょう。
2.この足踏みを、30~60秒ほど行います。
3.休憩を入れながら無理のないペースで3セット、1日に3回ほど行いましょう。

おススメのタイミング

座ったまま足踏みダイエットは、寝る3~5時間前に行うのがおススメだと言われています。夜ご飯を食べてから少し運動を取り入れることで、寝ている間に脂肪をため込みにくくするほか、質の良い睡眠を得ることに繋がると言います。しかし、寝る直前に行うと目がさえて逆に眠れなくなったりする可能性があるので注意しましょう。

▶【ぽっこりお腹にサヨウナラ!】原因別!脂肪を落とす簡単エクササイズ法3選

最後に

座ったまま足踏みダイエットでは、ちょっとしたスキマ時間に取り入れることができる簡単なダイエット方法です。特にハードな運動やエクササイズを頑張ったり、時間を割く必要がないところも嬉しいポイントですよね。習慣化すれば、スッキリしたぺたんこお腹を手に入れられるはずです。ぜひ挑戦してみてください。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース