【1日24秒で効果絶大!?】やせたいなら「肛筋」を鍛えると良いってホント!?

肛門付近の筋肉を鍛えることによって、お尻や太ももを一緒に鍛えることができると言われています。これらの筋肉を鍛えることでダイエットや、便秘解消などに嬉しい効果も!お尻に力を入れるだけの超お手軽なトレーニングで、美しい下半身を手に入れましょう。

肛筋って?

肛筋とは、肛門周りの筋肉のことを「肛筋」と呼んでいます。聞き慣れない方も多いと思いますが、排便の際に肛門を開いたり閉じたりするときに使われる筋肉の一つです。普段は意識することがない筋肉ですが、肛筋を鍛えることで様々な効果を期待することができると言われ、今話題になっています。一体どのような効果が期待できるのでしょか?

肛筋を鍛えることで期待できる効果とは!?

骨盤が整う

肛門の筋肉を意識してキュッと力を入れてみると、お尻の筋肉をはじめとする、太ももやお腹周辺の筋肉も使われている感覚があると思います。筋肉の一つ一つは、複雑に重なり合って全身の筋肉に繋がっているため、肛筋を鍛えることで骨盤と密接に繋がっている筋肉強化に役立ってくれるのです。結果、骨盤の歪みが整って、ぽっこりお腹や姿勢の悪化、下半身太り、肩こり、腰痛、冷えなどの解消・予防に期待できます。つまり肛筋を鍛えれば、ボディラインが整うだけではなく、やせ体質を作ることもできると言うわけですね。

便秘解消

肛筋を鍛えることによって、お尻周辺の筋肉に柔軟性が上がれば、スムーズに排便することができると言われています。そこに加えて、骨盤のズレが整うことにより内臓機能も活発になるため、さらに便秘解消に期待ができます。ほかにも、血流改善、肌トラブル解消、免疫力アップにも役立ってくれます。

エネルギー消費量のアップ

肛筋を鍛えることは、他の様々な筋肉を鍛えることに繋がります。すると、筋肉量の増加に伴って、消費されるエネルギー量も増えるため、より効率的にダイエットを行うことができると言われています。

▶【簡単なのに効果バツグン?!】夏までに引き締めたいなら「お尻歩き」に挑戦!

肛筋のエクササイズ!

肛門に力を入れるだけ

1.肛門にキュッと引き締めるように力を入れてみましょう。
2.その状態で約8秒間キープします。

これを1日3回やるだけでも効果があると言われています。このエクササイズなら、気づいた時にいつでも行えるうえに、道具を用意したりする必要もないので気軽に挑戦することができますね。

ペンを使う

1.ペンを準備しましょう。
2.背すじを伸ばして立った状態で、ペンをお尻の割れ目の奥までしっかり差し込みます。
3.ペンをお尻の力でキュっと挟んで約8秒間キープします。

こちらも1日3セットから始めましょう。肛門付近の筋肉を意識するために、ペンを使うと感覚が分かりやすいかもしれません。応用として、お尻にペンを挟みながら足を曲げ伸ばししたり、歩いたりすると、さらに肛筋の強化に繋がります。

▶【お尻美人になる3つの秘訣】今話題の「尻トレ」ってなに??

まとめ

肛筋を鍛える方法は、とても簡単です。今回ご紹介した方法は、1回たったの8秒でOK!これを3セットやっても24秒程で終わるので、忙しい方も気軽に挑戦することができるのではないでしょうか?今まで肛筋を意識してこなかった方は多いと思いますが、鍛えないことが勿体無いほど、たくさんの効果を期待することができる筋肉です。まずは気づいた時に、お尻にキュッと力を入れてみることから始めませんか?続けることで、美しいボディラインが出来上がっているはずです!ぜひお試しください。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース