【たったの2週間で小顔に!?】効果テキメン!「フェイササイズ」3選!

ほうれい線やたるみは、老けた印象の原因になるため何とか対処したいものですよね。しかし、顔の筋肉は意識しないと使われないので加齢とともにたるんでしまいます。そこで簡単な顔の動きでトレーニングをする「フェイササイズ」を取り入れてみましょう!エステに行かなくても、自宅で簡単にフェイスケアができちゃいますよ♪

フェイササイズって?

フェイシャルエクササイズの略語である「フェイササイズ」は、顔にある約30種類以上の表情筋を鍛えるトレーニング方法です。フェイササイズなら、高い化粧品を買う必要もなければ、エステに通ってプロの手に頼ることもありません。自分自身でできるトレーニング方法なので、気軽に取り入れやすく続けることで効果を実感しやすいと言われています。

顔が老ける2つの原因

(1)加齢

年齢を重ねるごとに、肌の潤いやハリを保つと言われるコラーゲンやエラスチンというものが減少してしまいます。そのため、何もしなければ肌の弾力やハリは加齢とともに失われてしまい、様々な表情を作っても、肌が元の状態に戻りにくくなってしまうため、ほうれい線やたるみとなって表れると考えられています。

(2)表情筋の衰え

加齢によって招かれるのは皮膚の衰えだけでなく、表情筋も弱くなると言われています。表情筋は、日常生活の中では意識しないと使われることが少ない筋肉なので、気を付けてトレーニングやケアをしないと、ほうれい線やたるみを増やす恐れがあります。

▶【二重アゴを即撃退!?】スッキリ小顔を目指すリンパマッサージ3選

ほうれい線やたるみを解消!おススメフェイササイズ3選

1:「あ・い・う・え・お」フェイササイズ

1.口を少し大きく開いて、「あ」の形にします。
この時、全ての穴という穴を開くようなイメージで、目も大きく開きましょう。
2.次に、「い」の形をします。
頬にある筋肉を意識しながら、口を真横にぐーっと引くようにしましょう。
3.次に、「う」の形をします。
顔のパーツをすべて中心に寄せるイメージで、口を前に突き出しましょう。
4.次は、笑顔を意識しながら「え」の形をしましょう。
頬の筋肉を高く上げるように意識して、口を横に伸ばしましょう。
5.最後に、「お」の形をします。
ほうれい線やたるみを伸ばすようなイメージで、縦方向に大きく伸ばしましょう。

ほうれい線やたるみ解消に効果が期待できます。声に出さなくても、口パクでOKです。トイレや家事をしている最中でも取り入れることができるくらい簡単ですよ。

2:ほうれい線を消す!フェイササイズ

1.口は閉じた状態で、舌で鼻下にセットしましょう。
2.そこから、口の中で円を描くように舌で一周させましょう。
3.ほうれい線を意識しながら、左周り、右回り両方同じように行います。

口の内側からほうれい線やたるみを刺激する方法です。しっかりとできるようになると、顔周りの筋肉が痛くなってくるかもしれません。無理はしない程度に行いましょう。

3:あご外しフェイササイズ

1.上あごと下あごの関節を軸として考え、下あごだけを左右にずらすイメージで左右に動かします。
2.この動きを20~30回ほど繰り返しましょう。

フェイスラインをシャープに引き締めたい方におススメのフェイササイズです。あまり使われることがないあご周りを動かすことで、小顔効果を狙うことができると言われています。

▶【エステに行かなくてもOK!】必見!「顔筋マッサージ」で理想の顔を手に入れる方法とは?

まとめ

フェイササイズは、継続しないと効果を期待することはできません。今回ご紹介したフェイササイズは、ちょっとしたスキマ時間や、テレビを見ながら、作業中などでも取り入れられるため、簡単に継続できそうですよ。個人差はありますが、早い方では1~2週間程度で効果を実感できると言われています。憧れの小顔を手に入れるためにも、ぜひフェイササイズを始めてみませんか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース