女性に大敵な〇〇の除去をサポート!今大注目の栄養成分のパワーとは?

活性酸素は老化の原因と言われています。この活性酸素を除去する効果があると注目されているのが「アスタキサンチン」という抗酸化成分。今回は美容と健康のためには欠かせないアスタキサンチンの効果と摂取する際の注意点についてご紹介します。

活性酸素とは

そもそも活性酸素がなぜ老化の原因と言われているかご存知でしょうか。
本来、活性酸素とは体に必要な物で、殺菌作用や酵素の働きを促進する作用が期待できます。この活性酸素が強いストレスや紫外線、喫煙、食生活の乱れなどにより増えすぎてしまうと、細胞を酸化させてダメージを与えてしまうかもしれません。細胞が酸化すると老化が早くなり体の様々な部位が衰えたり、病気の原因になったりするのです。つまり、美しく健康な体をキープするためには、活性酸素を増やし過ぎない、細胞を酸化させないことが大切だと言えます。

抗酸化成分アスタキサンチン

アスタキサンチンは脂溶性の赤い天然色素成分のひとつです。強い抗酸化作用を持っており、体内の活性酸素を除去する効果があることが明らかになってきているようです。また、眼精疲労の回復効果などにも効果が期待できるといわれています。

■【第7の栄養素】「フィトケミカル」でダイエットを成功させる秘訣とは?!

アスタキサンチンの美容効果

様々な効果の中でも、皮膚の老化に関わる物質に対しては特に強力な抗酸化作用があり、そのパワーはビタミンCの数千倍とも言われています。皮膚の老化を抑える力が強いということは、アスタキサンチンを摂取することによって、健康だけではなくアンチエイジングなどの美容に関しても高い効果を期待できます。

アスタキサンチンを含む食品

食品からアスタキサンチンを取り入れるにはその色に着目するとわかりやすいかもしれません。アスタキサンチン多く含む食品はサーモンなどの焼いても身が赤い魚介類。イクラや筋子、サクラエビなどの殻ごと食べられるエビ、もしくはカニなどもアスタキサンチンが摂取しやすいと言われています。マグロなどの赤身でも焼くと赤色が失われてしまう魚介類はアスタキサンチンがあまり含まれていまいと言われています。

効率よく生活に取り入れるためには

アスタキサンチンの抗酸化作用を期待するならば、1日6㎎ほど摂取したほうが良いと言われています。しかし、食品のみでアスタキサンチン6㎎ほどを摂取するには、1日にサーモンなら大体6切れ、いくらであればどんぶり2杯分程度も食べなければならず、毎日食べるには現実的な量ではありません。アスタキサンチンに関しては食品からも積極的に取り入れたいところですが、サプリメントを有効活用することをおすすめします。摂取目安を守って取り入れましょう。


■メノポーズ(更年期)世代におすすめのサプリメントとは?



抗酸化作用をもつアスタキサンチンを積極的に生活に取り入れて、若々しい健康な体をキープしましょう。

【メルマガ登録者限定】7日間ダイエット講座!

15万人が読んでいる、ダイエットプラスの無料メールマガジン

現在、ダイエットプラスのメールマガジンをご登録された方限定で非公開コンテンツ【7日間ダイエット講座】を完全無料でご覧いただけます。ダイエットを成功させるならダイエットのプロのアドバイスが一番! 読むだけでダイエットに!

その他、話題のダイエットニュースや、管理栄養士の考えたヘルシーでバランスのよい献立なども受け取れます。

5秒で簡単!メルマガ登録

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース