【脂肪燃焼効果があった?!】「昆布茶」のダイエット効果がものすごいと話題?!

昆布茶と聞いて、何を想像しますか?おばあちゃんがおやつの時間に飲んでいるイメージをお持ちの方もいるかもしれません。実は近年、昆布の健康・美容効果が注目され、それに伴い飲みやすい昆布茶の人気がじわじわとあがっているのです。

昆布茶について

原材料の昆布はこんなもの!

昆布茶の原材料は乾燥させた昆布を刻んだり粉末状にしたものです。さらに、塩や砂糖なども入っているのが一般的です。昆布茶の歴史は古く、江戸時代には既にあったと言われています。刻み昆布に熱湯を注いで飲み、出がらしの昆布を食べる風味茶として好まれていたようです。

昆布茶の種類

昆布茶は乾燥させた昆布を原料としていますが、2cmくらいの角切り昆布にお湯を注ぐタイプの「角切り昆布茶」と、粉末状にした昆布をお湯で溶くタイプの「粉末昆布茶」の、大きく2つに分かれます。粉末タイプのお茶が多く流通していますが、塩やアミノ酸類(うま味調味料)などで風味を整えているものがほとんどです。

■【旨み成分たっぷり♪】代謝アップにも効果的だった!?昔ながらのあの食材って?

昆布茶に含まれる栄養素

注目のぬめり成分

古くから美容や健康に良いと考えられてきた昆布ですが、最近では昆布特有のぬめり成分であるアルギニン酸が注目されています。アルギニン酸は食べ物から取り入れたエネルギーを効率よく代謝する効果が期待できるので太りにくいカラダへ導くことが可能です。さらに、昆布が含む食物線維はごぼうやさつまいもの数倍以上もあり、便秘の解消だけではなく、大腸がんの予防にも期待ができると言われています。

■さつまいもで便秘解消!上手に食べれば太らない

免疫力アップでいつでも健康に

ぬめり成分のフコイダンは、サプリメントの原料としても活用されています。免疫力を向上させる研究結果が出ており、インフルエンザの感染予防、アレルギーの予防、がんの発生やがんの進行を抑える効果が期待できます。

ダイエットに抜群

色素成分であるフコキサンチンは脂肪の燃焼を促進する効果が期待できます。
また昆布には、カルシウム、カリウム、植物性ステロールフコステロール、ビタミンB群、グルタミン酸などの栄養成分も豊富に含まれています。

昆布茶を使った、美味しいレシピ

旨味成分ぎっしりの昆布茶は、料理を美味しくする味方!

昆布がそのまま原材料である昆布茶は、昆布から出汁を取るよりも簡単に料理に使えます。既に昆布茶には塩分が入っているので、薄味を心がければ減塩になります。

菜の花としらすのヘルシーペペロンチーノ

スパゲティの量は通常の半分でOKです!えのきだけを麺に見立てて使用することで、大幅にカロリーをカットしました。食物繊維も豊富に摂取できます。

▶「菜の花としらすのヘルシーペペロンチーノ」レシピはこちら

海老じゃがグラタン

海老には降圧作用が期待できるタウリンが豊富です。じゃがいもの使用でカリウムも摂取でき、より高血圧予防に期待ができます。

▶「海老じゃがグラタン」レシピはこちら

春野菜と豚ヒレ肉のミルクチャウダー

豚ヒレ肉にはビタミンB1が豊富なので、疲労回復の効果が期待できます。牛乳とチーズで、簡単だけどコクのあるチャウダー風に仕上げました。

▶「春野菜と豚ヒレ肉のミルクチャウダー」レシピはこちら

昆布茶は体にとって嬉しい効果ばかり

毎日飲んで美しく健康に!

現代人は、ファーストフードやインスタント食品のお陰で、体に必要な成分が不足しがちです。健康に良いとされる海藻を毎日摂取できる昆布茶は、とてもありがたい飲み物ですよ。病気の予防、ダイエット、老化防止の効果が期待できます。飲むだけでなく毎日の料理にも是非活用して、美しさと健康を手に入れて下さい!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース