【おやつを食べてもやせる方法があった?!】ストレスフリーなダイエット方法って?!

おやつは太る原因という印象が強いですよね。しかし、時間栄養学の<何を><いつ><どれだけ>食べるかを意識しておやつを食べると、太りにくい食べ方ができ、ストレス解消や気分転換にも繋がります。今回は時間栄養学を意識したおやつについてご紹介します。

<何を>食べればいいの?

選ぶポイントは足りない栄養素を含み低糖質の食材!

間食(おやつ)では、3食の食事で不足した栄養素を補うことを意識して選ぶと良いでしょう。また、糖質が多いおせんべいやチョコレートなどは血糖値を上げて、身体に脂肪を蓄積してしまう原因となるのでできる限り控えるようにしましょう。

ナッツやヨーグルトがおすすめ

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの栄養素も含んでいるナッツやヨーグルトは間食にはおすすめです。さらにヨーグルトは、善玉菌が含まれているため腸内環境の改善に繋がり、便秘解消や免疫力の向上などに期待ができますよ。

■【普通に食べるだけではNG?!】「ヨーグルト」の効果をより発揮させる食べ方って?!

甘いものが食べたい時には?

甘いものが食べたいという時には、フルーツをおすすめします。フルーツに含まれる食物繊維は血糖の急激な上昇を抑える働きや便秘解消にも効果が期待できるため、甘いものが食べたいときの間食には最適です。ビタミン、ミネラルなどの栄養素も豊富に含んでいるため、食事で不足した栄養素を補うにはちょうどいいでしょう。

■【1粒たったの5kcal??!】「さくらんぼ」が超低カロリーだったのを知ってた?!

<いつ>食べるのがいいの?

15時前後が良い

15時前後のおやつの時間帯は、身体が体内に脂肪を溜め込みにくいと言われています。また、消化器官である膵臓がもっとも活発に働く時間でもあるため、15時前後に間食を摂ることは、食べたものがエネルギーとして代謝されやすいため太りにくいと言われています。

夜中の間食は避けた方が良い!

夜中の22時〜2時の時間帯は、身体に脂肪を溜めやすい時間だと言われています。そのため、夕食後や寝る前にお腹が空いてしまったとしても間食は避けた方がいいでしょう。

■【夜中の食事の恐ろしさを本当に知ってる?】コレを知れば簡単にやせられる方法があった?!

<どれだけ>食べていいの?

150~200kcal程度を目安に…

間食を摂る量は、一日の摂取カロリーの10分の1くらいの量を目安にするようにしましょう。だいたい150〜200kcalを意識してみるといいでしょう。


時間栄養学である<何を><いつ><どれだけ>食べるのかを意識することにより、間食も太りにくい間食にすることができるのですね。ストレス解消やリフレッシュに繋がる間食は、時間栄養学を意識して、摂取していくようにしましょう。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース