【美味しい!お手軽!簡単!】「キャベツスープ」がダイエットに効果抜群のワケとは?

ダイエット中に悩まされる空腹。ダイエット中はついイライラしてしまったり、食べた後に罪悪感があったりと辛いですよね。そんな時に最適な食事が食物繊維をたっぷり含んだキャベツスープ。身近な食材で、腹持ちも良いキャベツスープの魅力をご紹介します。

キャベツはダイエットの強い味方

野菜の中でも食物繊維を多く含むと言われているキャベツ。腸内環境を整えて、便秘になりにくい体質への改善に役立ちます。また、キャベツに含まれるビタミンCやビタミンKの働きによって、ダイエット中の肌荒れも防ぐことができるでしょう。

空腹時にはキャベツスープがいい!

キャベツがダイエットに良いと言っても、キャベツをひたすら食べ続けると飽きてしまいますよね。そんな時には、キャベツスープがオススメです。生キャベツは量が多いという時にも、火を通してスープにすることでボリュームを抑えることができます。また、お腹も満たされ食べ過ぎ防止にも期待ができます。さらに、味のバリエーションが気分によっても変えられるため、継続的に続けられるでしょう。

▶【ダイエット中も飽きない!】安くて美味しい!おすすめキャベツレシピ3選

ダイエットの強い味方キャベツスープの効果とは?

低カロリー

キャベツは100g当たりおよそ23kcalと、低カロリーでダイエットに向いている食材だと言われています。また、キャベツにはダイエット中に不足しがちなカルシウムも含まれています。そのため、イライラの防止や骨粗鬆症予防にも繋がりますよ。

食べ過ぎ防止

食前にキャベツスープを食べると、キャベツに含まれる食物繊維が胃腸の中でゆっくりと消化されるため、お腹がすきにくく食べ過ぎを防ぐことができるでしょう。また、シャキシャキとした食感が噛みごたえがあるので、よく噛むことで満足感を得られますよ。高カロリーな食事をしがちな夜に食べると夜中に小腹が空いて間食してしまうなんてことも抑えるられるでしょう。

▶痩せるために!【ダイエットの正しい知識】ごはんをよく噛んで食べると本当やせる?

手に入りやすい

キャベツは年中スーパーやコンビニなどでも手軽に手に入り、比較的低価格な野菜です。そのため、毎日の食事にも取り入れやすいですよね。

キャベツスープの作り方

鶏肉とキャベツのおかずスープ

キャベツスープの作り方をご紹介します。最初にシンプルな味をベースとして作れば、翌日には豆板醤などでピリ辛にしたり、とき卵を入れるなど、様々なバリエーションを楽しめますよ。
<材料>
鶏むね肉(皮なし) 1/3枚(70g)
キャベツ      2枚(100g)
プチトマト     3個(30g)
パセリみじん切り  少々(1g)
固形コンソメ    1/2個(2g)
塩、コショウ少々

<作り方>
1.鶏むね肉、キャベツは一口大に切ります。
2.鍋に水200〜300ccと固形コンソメを入れて中火にかけ、煮立ったら鶏むね肉、キャベツの順に入れて煮込みます。
3.具材に火が通ったら、塩、こしょうで味付けをし、最後にプチトマトとパセリを入れ、ひと煮立ちしたら皿に盛り付けます。

▶「鶏肉とキャベツのおかずスープ」レシピはこちら

キャベツだけでいいわけではない!

キャベツスープダイエットは、あくまでも食べ過ぎを防ぎ、整腸作用を期待するものです。キャベツだけでは栄養が偏ってしまうため、その他の野菜や果物、海藻などをバランスよく食べることが大事です。また、低カロリーで高たんぱく質なささみや胸肉などを加えることもおすすめします。
無理な食事制限によってダイエットを挫折してしまうことはよくあること。続けるためにも、空腹を解消するキャベツスープで身体の中からキレイにしてダイエットに取り入れてみませんか?

▶脂肪燃焼ダイエットスープで結果を出すためのポイントとは?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース