【意外と知らない行事食】端午の節句にはどんなものを食べればいいの?

端午の節句は男の子の健やかな成長を祈る伝統行事。ご存知、5/5「こどもの日」ですね。女の子はひな祭りの定番メニューがありますが、こどもの日はこれといった決まりは無く、悩みもの。今回は、男の子向け&ダイエットにも安心メニューをご紹介します♪

端午の節句向け、お勧め食材は?

鯛 (タイ)

「めでたい」とかけて、お祝いの際の高級魚として使用されますね。低脂肪で、良質なたんぱく質、ビタミン類やミネラル類、タウリンなども含むので、体に嬉しい栄養素も豊富です。

鰤 (ブリ)

成長とともに名前が変化する出世魚で、男の子には縁起の良いお魚とされています。高脂脂肪ですが、良質な脂(EPA・DHA)を多く含むので、適量摂取で血行を促し、健康維持にはもってこいの食材ですよ。

鰹 (カツオ)

「勝男」にちなんでよくお祝い事で使われる食材です。鰹も良質なたんぱく質や脂質を含み、代謝向上に関わります。鉄分も魚の中では多めに含まれる為、お母さんの貧血予防にも効果的かもしれませんね。

今が旬の食材ですね。真っ直ぐ元気に育つ様に、との意味合いが込められています。
100g当たりでも約30kcalと、ヘルシーです。食物繊維が豊富に含まれるので、便秘予防や健康維持に嬉しい食材ですよね。
また、柏餅やちまきも、古くから端午の節句に食べられるものとして知られています。

端午の節句のおすすめレシピ

真鯛のアクアパッツァ風

アクアパッツァ風にブイヨンを使わず、トマトと魚とあさりの旨みだけで煮込んだ魚料理です。鯛とあさりは春が旬の食材。お魚嫌いなお子さんでも、洋風で食べやすい簡単レシピです♪特別な日に、見た目も華やかで豪華な一品!

▶「真鯛のアクアパッツァ風」レシピはこちら

たけのこと塩昆布の炊き込みごはん

とってもシンプルで、手間いらずの炊き込みご飯。色々な具材を入れる炊き込みご飯も良いけれど、塩昆布でしっかり旨みも出ます♪おかずが多くなりがちなお祝いの日に、是非いかかでしょうか?筍も今が旬ですね、レシピは水煮ですが、生の筍で是非トライしてみて下さい☆

▶「たけのこと塩昆布の炊き込みごはん」レシピはこちら

こいのぼり稲荷

こいのぼりに見立てた可愛らしい稲荷寿司♪こいのぼりは、活躍や健康を願うなどの意味が込められているんですよ。お祝い事にはピッタリの一品です☆

▶「こいのぼり稲荷」レシピはこちら

まとめ

こどもの日、色々とメニューに悩む方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介したレシピ以外でも、鰤や鰹などもサイト内を検索して頂ければ、簡単ヘルシーメニューが掲載されています、是非ご活用下さいね。子供も美味しく、家族にも嬉しいメニューで、年に1度の大切な日を楽しく過ごせると良いですね!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース