【迷ったらコレ!】管理栄養士が選んだ!「子どもの日」におススメレシピ6選

5月5日こどもの日は、子供の健やかな成長をお祝いする日です。この日は家族みんなでお祝いするというご家庭も多いですよね。そこで今回は、お祝いにぴったりの華やかな見た目で尚且つヘルシーな、子供にも大人にも嬉しいレシピを管理栄養士がご紹介いたします!

メイン料理

こいのぼり稲荷

野菜嫌いな子供でも抵抗なく食べてくれそうな、可愛い見た目のいなり寿司です。にんじんやパプリカなどの緑黄色野菜には、抗酸化作用のあるβ-カロテンや免疫力UPに効果的なビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれています。また、チーズには筋肉の材料となるたんぱく質や、健康な骨を作るのに大切なカルシウムなど、成長期の子供に大切な栄養素が多く含まれています。一般的ないなり寿司に使われているのは砂糖とお酢で味付けした酢飯ですが、こちらのレシピでは白米が使われているので、その分カロリー控えめな点も嬉しいですね(^^)

▶「こいのぼり稲荷」レシピはこちら

さば缶そぼろのちらし寿司

さばの味噌煮缶を使ったそぼろは、味付けいらずで手軽に作れる点が嬉しいですね(^^)まとめて作っておくと、おにぎりの具やチーズトーストの具、豆腐のトッピングなど、様々なアレンジが出来てとても便利です。

骨まで食べられるさば缶は、子供の成長に必要なカルシウムがたっぷり!また、脳の働きを活性化するDHA・EPAという良質な脂質も含まれています。DHA・EPAは動脈硬化などの生活習慣病予防にも効果的なので、大人もしっかりと摂りたいですね。

▶「さば缶そぼろのちらし寿司」レシピはこちら

副菜

きのこと鶏ささみのホットサラダ

レンジで出来る簡単サラダです。たけのこやキノコなど歯ごたえのある食材を多く使ったサラダなので、柔らかい物を食べる機会が多い子供の噛む力を育てるのにもおすすめのレシピです。たけのこや舞茸には食物繊維が豊富なので、便通を整える効果が期待できます。便通が整う事で体内の老廃物がスムーズに排出されるようになるので、美肌などにも◎です。


▶「きのこと鶏ささみのホットサラダ」レシピはこちら

カラフルトマトスープ

たっぷりの野菜を使った、ボリュームのあるスープです。見た目は豪華ですが、簡単に作れる点も嬉しいですね(^^)野菜に多く含まれるビタミンCは、免疫力UPやストレス軽減、美肌など様々な効果が期待できる栄養素ですが、水溶性なので水に流れ出てしまいやすいというデメリットがあります。しかし、スープにして煮汁ごと食べることでビタミンCを効率良く摂れますよ。

▶「カラフルトマトスープ」レシピはこちら

デザート

豆乳いちご大福

作るのが難しそうないちご大福ですが、レンジを使って簡単に作る事が出来ます。豆乳を使った生地は優しい味わいですよ!

牛乳とよく似た見た目の豆乳ですが、含まれる栄養が異なります。大豆から作られている豆乳には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれており、更年期障害や骨粗しょう症など女性特有の症状を予防する働きが期待できます。

▶「豆乳いちご大福」レシピはこちら

材料4つのクラッカーチーズケーキ

少ない材料で簡単に出来るヘルシーケーキです。レシピではマーマレードジャムを使っていますが、お好みでイチゴジャムやブルーベリージャムに変えてもOKです(^^)

発酵食品であるヨーグルトには、腸内環境を整える効果のある乳酸菌が含まれています。腸内環境が整うと便通が良くなるだけでなく、腸の動きが活発化する事で全身の代謝がUPし、ダイエットにも効果があるのではと言われていますよ。


▶「材料4つのクラッカーチーズケーキ」レシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?あともう少しでこどもの日ですね。今年は、美味しい・簡単・ヘルシーなレシピでこどもの日をお祝いしてみてはいかがでしょうか♪

▶ダイエット中も安心!ヘルシーでおいしいホームパーティーの料理って?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース