【世界で注目を集めるダイエット食材?!】豆腐より使いやすいと話題?!

芸能人やモデルがダイエットに使っていると話題の「おからパウダー」。普通のおからとは何が違うの?と思う方も多いでしょう。今回はそんなおからパウダーの嬉しい効果とお手軽レシピをご紹介します。

おからパウダーとは?

ダイエットに活かせる食材「おからパウダー」

ダイエット食材として「おからパウダー」が最近注目を集めています。実際に試したり、どのような栄養分があるか調べたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。知らない方は、この機会に栄養成分を理解して効果的な食べ方を考えてみましょう。

おからパウダーはどう作る?

豆腐を作る過程で豆乳を絞った後の大豆の残りが「おから」と呼ばれています。このおからを乾燥させた上で粉末にすると「おからパウダー」になります。おからは水分を含みますが、おからパウダーは水分を飛ばし乾燥させているので長期保存が可能です。

豆腐より豊富な栄養素?

種類によって異なりますが、おからパウダーに含まれるたんぱく質の量は100gあたり約20g前後と言われ、これは木綿豆腐のおよそ3倍も多く含まれている計算となります。また、おからパウダーの利用方法は様々にあり、水を吸わせれば普通のおからとして、そのまま使うならパン粉などの代わりとしても使うことができるのです。


▶【目指せ−5kg】缶詰&おからでお手頃&ずぼらにダイエット

おからの原料「大豆」に含まれる注目の成分とは?

世界でも注目が集まっている

豆腐やおからの原料であり、節分の豆まきでもよく知られている「大豆」は、世界で注目を集めています。その理由は「畑の肉」と呼ばれるほど、豊富なたんぱく質や食物繊維を含むバランスの良い健康食材ということです。また、安価で手軽に利用できるところも嬉しいですよね。特に日本の食文化においては豆腐やおからをはじめ、納豆や醤油、味噌など様々な食品に加工されているので馴染み深い食材とされています。

大豆のたんぱく質はお肉のたんぱく質と違う?

人間が生きていく上で必要とする必須アミノ酸は、1つでも欠けるとができない栄養素と言われています。また、このうち9種類は体内で生成できないため、食事から取り入れなければなりません。大豆のたんぱく質は必須アミノ酸を多く含む植物性の良質なたんぱく質で、ダイエットには欠かせません。動物性たんぱく質を含む肉や魚は脂質も多く含みますが、一方で大豆は比較的脂質の少ない食材です。肉や魚の代わりに大豆食品を取り入れることで、脂質を抑えながら必須アミノ酸を摂取することができますね。

▶【激安!100円で節約ダイエット?!】低カロリーなのにボリューム満点で大満足の○○とは?!

ダイエット効果も抜群

おからには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は消化されにくいうえに、余分な老廃物を体外に排出する働きを助けます。また、抗酸化物質であるイソフラボンとサポニンも含まれていて、動脈硬化や老化を予防して免疫機能を整える効果が期待できます。

おからパウダーを○○と置き換えよう!

おからdeミートグラタン

おからパウダーに水分を吸わせてお肉の代わりに使うことで、脂質を抑えながら必須アミノ酸をたっぷり含んだヘルシーな一品にできますよ。かさ増しにもなるので、ボリューム感UP!食物繊維も摂れるため、便秘の予防にも効果が期待できます。

▶「おからdeミートグラタン」レシピはこちら

レンジで簡単☆おからケーキ

レンジで手軽にできる、満足感のあるおやつです。小麦粉の代わりにおからを使うので糖質が低く、植物性たんぱく質、食物繊維摂取が期待できます。

▶「レンジで簡単☆おからケーキ」レシピはこちら

最後に

おからパウダーについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。手軽に日頃のメニューをヘルシーなダイエットメニューに変えることができるおからパウダー、ぜひチェックしてみてくださいね。

▶【おからで毎月2kg減】満腹感ありのリバウンドしにくいダイエット

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース