【やっぱりお酢のパワーがすごい!】「酢大豆」のダイエット人気が止まらないワケって?

お酢や大豆のが健康に良いのは有名ですが、それらを組み合わせた「酢大豆」には、ダイエット効果や美容効果がとても多く含まれています!そんな相乗効果が嬉しい酢大豆のレシピや効能を詳しく紹介します!

基本的な酢大豆の作り方

<材料>
・大豆 500g
・黒酢 1リットル

<作り方>
1.生の大豆を一度水で洗い、ペーパータオルなどでしっかりと水気をきります。
2.大豆をフライおパンに移して、20~25分程度弱火で焦がさないように煎ります。
3.炒った大豆は冷ましましょう。
4.3を殺菌消毒をした保存容器に半分程度を移し、大豆がギリギリ浸かるようにお酢を注ぎましょう。
5.保存容器を冷蔵庫に入れます。(しばらく経つと、2~3倍程に膨れます。)
6.翌日からでも食べられますが、2~3日置いた方がより美味しく食べられると言います。

酢の効果

酢を継続的に摂取することで、内臓脂肪を減らす効果があることが明らかとなっています。内臓脂肪とは、内臓周辺に蓄積された脂肪のことを言います。これが溜まるとメタボに繋がる可能性があります。また、酢に含まれる酢酸には、血中脂肪を低下させる効果が期待できます。食生活の中にお酢を取り入れる方法として、酢大豆は大活躍するかもしれません!

▶【脂肪燃焼効果がスゴイ?!】「酢たまねぎ」が今話題となっている理由とは?!

大豆の効果

美容に効果的

大豆に含まれている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをすることから、ダイエット中には乱れがちなホルモンバランスを整えることに役立ちます。イソフラボンは肌の新陳代謝を促進して肌の張りやツヤを保ってくれたり、骨を丈夫にして骨粗鬆症予防に役立ったり、コレステロールの増加を抑えて動脈硬化などの予防に繋がると考えられています。また、抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにも効果的だと言われています。

便秘解消にも!

大豆に含まれる食物繊維によって便秘解消の効果を期待できます。大豆に食物繊維が含まれており、中でも不溶性の食物繊維が多いという特徴があります。不溶性食物繊維は便の量を増やし、大腸壁を刺激するために排便を促す効果を期待できます。また、大豆を摂取すると体内でオリゴ糖が生成されますが、オリゴ糖には体内にある消化酵素では消化ができないという特徴があるため、大腸まで直接届き、善玉菌のえさになってくれます。その結果、善玉菌が増えて、便通の改善が期待できるのです。

▶【食べるだけで太りにくくなる?!】「酢キャベツ」ダイエットの効果って?!

注意点も!

パクパクと食べやすいからと言って酢大豆の食べ過ぎには要注意です!ついつい手が進んでしまいますが、たくさん食べてしまうと胃の中で膨張してお腹がパンパンになる場合があります。また、酢大豆には酢を使用しているため、空腹時に食べると胃が荒れてしまう可能性があるりますので注意しましょう。

いかがでしたか?

酢大豆は健康や美容に効果が高くぜひ試していただきたい食品です。もし作るのが面倒だという方は、すでに酢大豆として完成している商品も売られているため、それを活用してもいいかもしれませんね。ぜひ、すばらしい効能を体で体感してみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース