【未来の肌年齢が変わる?!】食べて美肌を作る4つの食材とは?

不規則な生活、暴飲暴食、ストレス…。これらはどれもあっという間に肌年齢を低下させる原因の一つです。お肌の状態は、見た目年齢に大きな影響を与えますよね…。若く見える人は、肌に潤いやツヤ、ハリなどがあります。そこで今回は、肌年齢を若返らすのに効果が期待できる食べ物をご紹介します!

日々の食生活がお肌に影響

女性なら、肌年齢が実際の年齢より上に見られて嬉しいという方はいないはず…。「肌が衰えていくのは年齢のせい」といったイメージが強く、仕方がないことだと思っている方も少なくはないでしょう。しかし実は、肌年齢は実際の年齢で決まらないと言われています!加齢とともに多少の肌の衰えはありますが、肌年齢を若く保つには、毎日の食生活が大きく関係しているのです。

お肌に悪い食生活

刺激物(コーヒーなど)、糖質や脂質が多い甘いもの(砂糖、ショートケーキなど)、酸化した油(揚げ物類、脂っこいジャンクフード類)などは皮脂の分泌量を増やすので、食べ過ぎは肌荒れを招くことがあります。実際にこのような食事を好む方は、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを起こしがち。また、野菜嫌いな方、自分の好きなものしか食べない偏食、夜遅い食事など、日々の食生活が乱れていると肌年齢はどんどん上がってしまうかもしれません。

食事内容で肌年齢は変わる?!

私達の体は食べたもので作られており、これはお肌も例外ではありません。外側からお金をかけたお手入れをしていても、内側からの食べるお手入れを怠っていたら本末転倒ですよね。少しでも若く見られるために、積極的に摂りたい食品をご紹介します。

①食物繊維がたっぷり!野菜類

肌年齢を保つ肌作りには、腸内環境を整える必要があります。美肌作りに腸内環境が関係あるの?と思うかもしれませんが、腸内環境が悪いと必要な栄養が吸収されなくなるため、十分な栄養が肌に行気届かなくなり肌トラブルを引き起こす原因に。また、腸内環境の悪化から便秘を招くことで、老廃物の排出が滞り吹き出物やニキビを作ることも…。

これを防ぐためにも積極的に取り入れたいのが、食物繊維やビタミン・ミネラル類を豊富に含む野菜類です。食物繊維は腸内環境を良好に保つ善玉菌を増やすほか、老廃物の排出を促して便秘を予防します。この結果、お肌の調子も改善されて、肌年齢を若々しく保つことに繋がるのです。

②ビタミン豊富!フルーツ類

「フルーツといえばビタミン!」といったイメージが強いですよね。ビタミン類は、肌の潤いやハリを保ったり、紫外線などの刺激から肌を守るほか、老化に繋がる活性酵素を除去して若々しい肌作りをサポートします。このほか、新陳代謝を促したり、健康的で弾力のある肌を作る働きをする、美肌には欠かすことのできない栄養素です。

▶【食べるだけでお肌がキレイに?!】「いちご」のダイエットパワーがスゴイ?!

③ホルモンバランスを整える!豆類

豆類の中でも、大豆や豆乳にはイソフラボンという栄養成分が含まれています。このイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをすることから、乱れた女性ホルモンのバランスを整えて、肌の弾力やハリを作り出すコラーゲンの生成を助けるため、若々しい肌作りに役立ちます。

④鉄分たっぷり!肉類や・魚介類

摂取した栄養は、血液によって全身に届けられます。また、不要になった老廃物の排出も血液によって運ばれます。この流れがスムーズに行われることで、お肌が健康に保たれているため、血流が良好であることはとても重要な要素となります。

血流を良好に保つには、血液の元となる成分である鉄が欠かせません。不足すると顔色が悪くなったり肌トラブルを招きやすくなります。特に女性は、不足しやすい栄養素なので、積極的な摂取を心がけましょう。鉄は、肉類(レバー・牛肉など)や魚介類(かつお・しじみなど)に多く含まれていますよ。

▶【調理方法で苦手克服?!】「レバー」を絶対食べたい理由とは?

まとめ

毎日の食事が大切なのはもちろんですが、日々のスキンケアでもお肌をいたわりましょう。日々の積み重ねが、未来の肌年齢を大きく変えるでしょう。今回ご紹介したことを参考に、肌年齢を意識た食生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース