【食べてもやせる!】今話題の「低GIダイエット」って?

食事制限が過酷なイメージがあるダイエット。しかし低GIダイエットなら食事の量を極端に制限しなくとも、ダイエット効果を期待できると言われています。

GI値って何?

GI値とはGlycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食べた物が体内で糖になり吸収されるまでの速さを計った値のことを言います。GI値が高い食品ほど、血糖値は急激に上昇することとなります。この高GI食品を食べると、血糖値の上昇を正常に維持しようとするインスリンが大量に分泌されます。このインスリンが脂肪を体内にため込む働きをするので、結果として太りやすくなると言います。このことからも、血糖値の上昇を緩やかにすることがダイエットにおいて重要なポイントであることがわかりますね。

低GIダイエットでは、食後の血糖値の上昇が緩やかな低GI食品を食生活に取り入れて、血糖値が急激に上がらないような食事をするように心がけます。

▶知っておきたい【ダイエット豆知識】ダイエット成功へ導く“血糖値コントロール術”のススメ

低GIダイエットのやり方

やり方はとってもシンプルで、低GI値食品を積極的に摂って、血糖値の急激な上昇を抑えるようにするダイエット法です。しかし、低GIダイエットとはいえ低GI食品のみを食べるわけではありません。低GI食品と高GI値食品を上手に組み合わせて食事に取り入れることで、血糖値の急激な上昇を抑えてダイエット効果に期待できると言います。基本的には食事制限などはないのがポイントです。

低GI食品の選び方

「低GI食品って一体どんな食品?」とイメージが浮かばない方も多いでしょう。一番簡単な低GI食品の見分け方は、色の濃い食品を選ぶと良いと言われています。主食では白米やうどんではなく玄米やそば、ライ麦パン、全粒粉パスタなどを選びましょう。おかずでは肉類や大豆製品を選び、揚げ物などの調理方法には注意しましょう。また、緑黄色野菜、きのこ類、海藻類なども低GI値食品になります。

低GIの食品ナッツ類に注目!

ダイエット中はおやつを敬遠しがちですが、ダイエット中でも工夫して取り入れれば、より効果が見込めると言われています。そこでダイエット中のおやつにオススメなのが、ナッツです。ナッツは油分が多いと避けてきた方も多いのではないでしょうか。しかしナッツは低GI食品であるうえに、ナッツに含まれる脂質は体に嬉しい効果をもたらすと言われる不飽和脂肪酸です。ナッツにはオレイン酸やαリノレン酸といった血流をスムーズにしてくれる効果があると言います。

クルミとアーモンドがオススメ!

特にオススメなナッツの種類がクルミとアーモンドです。

■クルミ
コレステロールや中性脂肪を下げる働きをするオメガ3脂肪酸をはじめ、抗酸化物質のポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維なども含まれています。体に良い脂質と食物繊維や噛み応えのある食感が満腹感を与えるので小腹がすいたときにピッタリです!

■アーモンド
若返りのビタミンとも言われているビタミンEが豊富に含まれています。活性酸素を撃退し生活習慣病の予防や血行不良が原因の肩こり、頭痛、冷え性等の改善に効果を期待できます。また、肌を若々しく保つなどアンチエイジングにも効果的だと言われています。こちらも、ダイエット中でも安心のヘルシースナックです。

カシューナッツやマカダミアナッツなども健康やダイエット、美容に良い効果をもたらす栄養が含まれており、低GIダイエットにはぜひ取り入れたい食品だと言えますね!

▶【知らないと損!!】ダイエット中のお供に「くるみ」がおすすめな理由って?!

まとめ

GI値はダイエットだけでなく、美容の維持や生活習慣病の予防にも活かせる大事な数値です。GI値をよく知り、ぜひダイエットや健康的な体づくりに活かしていきましょう!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース