【やせない原因はコレ!?】「朝食」を食べるとやせるってホント?

「朝は忙しくて食べる時間がない」「摂取カロリーが気になるから食事を抜く」などの理由から、朝食を欠食する方は多くいます。しかし、ダイエット中こそ毎食しっかりと食べる必要があり、中でも朝食は1日の始まりを左右する重要な役割を担っています。今回は、そんな朝食で食べたいレシピをご紹介します。

ダイエット中こそ朝食が大事!

エネルギー消費量アップ

「朝食を抜けば摂取カロリーが減らせるからやせる」と思われがちですが、朝食を食べることは1日に必要なエネルギーを補給して、活動効率を高めるためには重要です。

また、朝食をしっかりと食べても、通勤・通学や仕事中、買い物など、昼間は活動量が多いうえに、1日を活発に活動することができれば、消費されるエネルギー量も増えるのでダイエットにも役立ちますよ。朝食は脳のエネルギー補給にもなるので、仕事や勉強においての集中力がアップして効率が上がると言われています。

太りにくい体質に

朝食を食べることは血糖コントロールにも繋がると言われています。朝食を抜くと、空腹状態で昼食を食べることになるため、血糖値が急激に上昇してしまいます。するとインスリンが分泌されて脂肪をため込んでしまうので、結果的に太る原因になります。これを防ぐためにも、朝食は欠かせませんね。

生活リズムが整う

朝食を毎日しっかり食べることで、生活のリズムが整い、だいたい同じ時間帯にお腹がすくようになります。すると、無駄な間食や食べ過ぎなどを減らせるため、摂取カロリーのカットに繋がります。

美容や健康にも

朝食を抜いてしまうと、ダイエットや美容に欠かせないたんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足気味になってしまいます。不足すると、肌や髪の毛がボロボロになったり、代謝が下がって太りやすい体になったりと、いいことはありません。

▶【朝食にオススメ!】話題沸騰中の「おかかトースト」って知ってる?!

朝食作りのポイント

朝食を食べるのであれば、朝食で食べるメニュー内容を意識して作るようにするといいでしょう。

ポイントは、脳のエネルギー源となる炭水化物はもちろん、体温を上げるたんぱく質もしっかり取り入れるようにしましょう。また、野菜や果物などを積極的に加えると、代謝を助けるビタミン、ミネラルも補給もできて代謝アップに繋がります。ワンプレートで作れば、栄養バランスを整えやすいうえに、カフェごはんのようにオシャレに仕上がるので朝から気分が上がりますよ。

朝食におすすめレシピ

豆乳パンケーキの朝食ワンプレート

炭水化物(パンケーキ)、たんぱく質(オムレツ)、ビタミン(野菜)をワンプレートでしっかり摂れるメニューです。それぞれ簡単に作れるので、時間のない朝でも負担にならないで済むでしょう。そして何より見た目がおしゃれなので、朝食を楽しむことができますよ。


▶「豆乳パンケーキの朝食ワンプレート」レシピはこちら

しらすとトマトのトースト

朝にピッタリな簡単に作れる時短トーストメニューです。しらすにはたんぱく質のほかにもカルシウムが含まれるため、ダイエット中のイライラ対策におススメです。パンに乗せてトーストするだけなので、いろんな食材を加えてアレンジを楽しむのもいいでしょう。

▶「しらすとトマトのトースト」レシピはこちら

玄米ご飯の納豆小松菜TKG

いつもの卵かけご飯に小松菜と納豆をプラスすることで、栄養バランスのアップを狙いましょう。白米を玄米に変えれば、食物繊維をしっかり補給できますよ。しっかり食べて、1日の始まりをスッキリと元気にスタートさせましょう!

▶「玄米ご飯の納豆小松菜TKG」レシピはこちら

最後に

いかがでしたか?少しでも寝たかったり、身支度に時間がかかってしまうと、朝食を抜いてしまいがちですが、それではダイエットにも美容にも健康にも逆効果になってしまいます。朝からあまり量を食べられない方は、スムージーやシリアルなどを取り入れることから始めてみましょう。朝食をしっかり食べて、健康的にダイエットをしましょう!

▶【食べるダイエット法】朝食を抜きは逆効果?食べた方がやせるって本当!?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース