【3分で下半身太り・ぽっこりお腹を解消!】「骨盤ヨガ」の驚きの効果とは?

『ダイエットを頑張っても下半身だけはなかなかやせない・・・』とお悩みの方も多いのではないでしょうか?その原因は脂肪ではなく、骨盤のゆがみかもしれません。そこで今回は下半身太りの対策にオススメの「骨盤ヨガ」の方法とおすすめのポーズをご紹介します。

骨盤が歪むと・・・

下半身太りの原因でもある骨盤の歪みは、突然起こるものではなく、日常的な何気ない習慣やクセが積み重なって起こります。ついついやってしまいがちな行動が、気づかないうちに骨盤をどんどん歪ませるのです。

骨盤が歪む行動をチェック!

1.座るときは足を組んでいる
2.立っている時は片足に重心をかけている
3.頻繁にヒールを履
4.前傾姿勢でパソコンを見続ける
5.長時間同じ姿勢を続けていることが多い
6.かばんをかける肩がいつも同じ

このようなクセや生活習慣がある人は、もしかしたら骨盤が歪んでいるかもしれません。一度、日々の日常生活を見直して改善できる部分は改善していきましょう。

▶【たったの5分でOK!?】効果抜群!初心者でもできる「自宅ヨガ」3選

「骨盤ヨガ」のダイエット効果とは?

骨盤ヨガでは、股関節周りにある筋肉をほぐして柔軟性を高めるうえに、骨盤周りにある筋肉を鍛えてて引き締まることにもつながります。この2つの要素からも骨盤の歪みを整える効果が高いと言われています。

骨盤の歪みは、姿勢の悪化、下半身太り、便秘、ぽっこりお腹、肩こり、腰痛、疲労感、生理トラブルなど、ダイエットや健康、美容に悪影響を及ぼします。このため、骨盤の歪みを整える骨盤ヨガを行うことで、これらの問題解決につながるのはもちろん、ダイエット効果を得やすい体質に改善が見込めるでしょう。特に女性は、骨盤が歪みやすいと言われているので注意しましょう。

骨盤矯正におすすめな骨盤ヨガのポーズ2種をご紹介します!

橋のポーズ

1.仰向けになって、両膝を立てます。足は腰幅に開き、腕は体につけて手のひらはマットにつけましょう。
2.息を吸いながら、お尻をゆっくり持ち上げ、キープします。膝と膝が開かないようにしましょう。
3.息を吐きながら、背中の方からゆっくりとお尻を下ろしていきましょう。

※余裕があれば肩甲骨を寄せ合って、無理のない範囲で背中の後ろで手を組んでみましょう。

三日月のポーズ

1.四つん這いになり、右足を大きく一歩、右膝が直角になるように前にだしましょう。
2.上体は前に傾け、左足は後ろに引いていきます。
3.両手は頭の上に回して合掌します。足で床を押すようなイメージを持ち、この状態でキープ。上半身は力を抜いてリラックスしましょう。
4.反対側も同様に行いましょう。

※吐く息に合わせて両手を天上へ伸ばし、吸う息で背中を反らせ徐々におへそを上へと引き上げて行きましょう。

▶【初心者でも超簡単!】寝る前の3分でOK!「やさしいヨガ」3選

まとめ

骨盤ヨガは初心者でも始めやすく、自宅でもできるポーズも多いため、忙しい人でも取り入れやすい骨盤矯正方法です。スグに効果が出るようなものではありませんが、続けていくことで確実に変化を実感できるようになるでしょう。骨盤ヨガを日常生活に取り入れて行けば、下半身の悩みも解消されるかもしれません!少しずつマイペースに取り組んでみてはいかがでしょうか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース