【管理栄養士が解説!】大流行中の4つのダイエット方法は正解?間違い?

世の中には様々なダイエット方法や情報が紹介され、どのダイエット方法を信じていいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、最近のダイエット方法が本当に正しいのか注意した方が良いのかを管理栄養士の視点からご紹介します。

流行に流されず見極めることが大切

近年は、テレビや雑誌でダイエットに関する情報が氾濫していますよね。その中には理にかなっているものもあれば、本当?と首をかしげてしまうものもあると思います。注目を集めているトレンドのダイエットを試す前に、本当に効果が期待できる方法なのかを見ていきましょう。

今はやりのダイエット方法は本当に正しい?

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、正しい方法で行えばという条件付きでおすすめです。

最近のダイエットのトレンドは、何といっても糖質制限ダイエットではないでしょうか。しかし、管理栄養士の立場からは、極端な糖質制限は推奨できません。糖質を一切抜いてしまうのではなく、自分に合った糖質の適量を守ることが成功させるポイントです。糖質の適量を意識することによって、太りにくい体作りに役立ちますよ。また、白米を極端に減らせばいいと思われがちですが、じゃがいもやトウモロコシなどの野菜、果物、甘いお菓子類にも多く含まれていますので気をつけましょう。

▶【炭水化物抜きは逆効果?!?】炭水化物を食べないのはダイエット失敗のもと!?

夜ごはん抜きダイエット

夜ごはんを抜く方法は、あまりおすすめできません。

その名の通り、「夜ご飯を抜く」ダイエット方法。食事を抜くことで空腹時間が長くなると、身体は飢餓状態だと判断して次の食事のエネルギーを体脂肪としてため込もうとします。その結果、逆に太りやすくなってしまうのです。残業などで、どうしても夜遅い食事になってしまうときもありますよね。そんな時は、食事を抜くのではなく腹6~7分程度に抑えたり低カロリーな料理でお腹を満たすことががおすすめ。その方が、太りにくくなりますよ。

睡眠ダイエット

睡眠ダイエットは、おすすめです!

睡眠ダイエットとは、「1日7時間程度しっかり睡眠をとりましょう!」という方法。ただ寝るだけ?と思うかもしれませんが、実は寝ないと太りやすくなることが実証されているのです。寝てからスグに分泌される成長ホルモンは、脂肪を燃焼させる働きがあります。また、深夜から明け方に分泌されるコルチゾールというホルモンは、体内の脂肪を分解してエネルギーに変える働きをします。さらには、「睡眠時間を適切に保つことがエネルギー代謝を正常にする」、「睡眠不足は体重増加に繋がる」という研究報告もあります。このことからも、適切な睡眠はダイエットを成功に導いてくれることが明らかとなっているのです。ぬるめのお風呂、音楽鑑賞、ストレッチなどでリラックス効果を高めて深い睡眠を楽しみましょう。

▶寝るだけで痩せるってホント!?睡眠ダイエットのメカニズムや方法をご紹介

水ダイエット

水を飲むダイエット方法はおすすめです。

水ダイエットとは、「水を積極的に飲むことでダイエットに繋げる」ダイエット方法で、水だけを飲むダイエット方法ではないので注意してください。1日3食食事を取り入れた上で行うダイエット方法です。

水は、体の中で栄養素などを溶かして消化や吸収を助け各組織に運ぶほか、老廃物を体外へ排出する働きをしてくれます。また、水を飲むことで血中の糖度が薄まって血糖値が下がりますよ。1日の目安量は成人女性で2~3ℓですが、食べ物からも摂取できるので、水そのものの摂取目安は2ℓ程度を意識するといいでしょう。硬水は便秘解消の効果も期待できるなど、種類も様々にあるので自分に合った水の種類を探してみましょう。

▶水ダイエットで潤い美人に!痩せるのに効果的な飲み方を管理栄養士がアドバイス

管理栄養士のオススメレシピ

たっぷり満足♪ほかほか豆腐のキノコあんかけ

夜遅い時間にも安心のレシピ

▶「たっぷり満足♪ほかほか豆腐のキノコあんかけ」レシピはこちら

いちご豆乳甘酒

糖質控えめなのに甘くておいしいドリンクのご紹介♪

▶「いちご豆乳甘酒」レシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?世の中のトレンドに敏感になると毎日が楽しいですよね。でも、間違った情報を見極める目も大切。いろいろなことに興味を持ち、美味しく食べて、適度に体を動かして、しっかり休養して…日々の積み重ねで笑顔いっぱい健康的にダイエットを成功させましょう♪

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース