【実はダイエットにおすすめ】おつまみの定番「枝豆」の基礎知識とアレンジレシピ

【実はダイエットにおすすめ】おつまみの定番「枝豆」の基礎知識とアレンジレシピ

夏に美味しい食べ物といえば枝豆。お酒のおつまみの定番ですが、実はおつまみとして食べるということは科学的に理にかなっているのです。また、枝豆がダイエットにおすすめの理由など、枝豆の基礎知識を管理栄養士が解説します。そして、あわせて枝豆を使った人気のアレンジレシピもご紹介します。

枝豆の基礎知識

枝豆と大豆の関係は?

緑色がみずみずしい枝豆。一方、クリーム色でかたい大豆。似ても似つかないように思えますが、実は同じ大豆の種から成長する植物です。枝豆を収穫せずそのまま育てていると、大豆になるのです。枝豆と大豆は収穫する時期が違う。つまり、成熟した豆が大豆で、未成熟のうちに収穫したものが枝豆ということです。

枝豆は豆?それとも野菜?

枝豆を植物図鑑で調べると、マメ科のダイズ族です。一方、食品成分表で調べると、豆類ではなく、野菜類に分類されます。

枝豆の栄養の特長は?

野菜的栄養

野菜の特長的な栄養を、ゆでた大豆とゆでた枝豆の成分を比較してみると(100g中)

ゆで大豆 β-カロテン: 3mg 葉酸: 41㎍ ビタミンC: 0g
ゆで枝豆 β-カロテン:290mg 葉酸:260㎍ ビタミンC:15g

枝豆は大豆にはない野菜的な栄養を備えていることがわかります。

大豆的栄養

栄養学としては野菜ですが、大豆の栄養も備えています。ゆで大豆は100g中のたんぱく質は14.8g、ゆで枝豆も100g中たんぱく質を11.5g含んでいます。枝豆のたんぱく質の量は野菜の中ではぶっちぎりの1位です。

ビールに枝豆は理にかなっている?

枝豆はたんぱく質を多く含んでいます。たんぱく質は、アルコールの分解を助け、肝臓の機能を高めます。しかも肉や魚に比べて低カロリーなのです。夏が旬の枝豆。夏のビールのおつまみとして、枝豆は健康的にもダイエット中にも最高のコンビネーションになります。

ダイエット中だとどのくらい食べていいの?

さやから飛び出す枝豆。止まらなくて気が付いたらさやが山盛りという経験はありませんか?ダイエット向きの食材でも食べ過ぎはNGです。

小鉢一つのゆで枝豆24さや(72粒)で、カロリーは約80kcal。ダイエット中であれば24さや~30さや(100kcal)くらいを目安に食べるといいですね。

枝豆レシピ3選

こんな食べ方があったの?!

大人も子供も大好きな塩ゆでの枝豆。おつまみにもおやつにも、副菜としても便利ですが、塩ゆで以外も美味しいと、じわじわと人気です。そこで、枝豆の人気レシピ、ベスト3をご紹介します。

第3位

▶「食物繊維たっぷり!枝豆ともち麦のわかめご飯」レシピはこちら

第2位

▶「枝豆ととうもろこしのさっぱりピクルス」レシピはこちら

第1位

▶「なすの煮物」レシピはこちら

最後に

江戸時代の若者フードだった?

ゆでた枝豆を食べる歴史は古く、奈良時代には「生大豆(なままめ)」と呼ばれ枝ごとゆでで食べていたそうです。江戸時代には歩きながら枝豆を食べることが流行したとか。歩きながらさやから枝豆を飛ばしていたずらしたりすることもあったそうです。そんな昔の日本に思いをはせながら枝豆を食べてみるのもいいですね。

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース