【そのまま食べたらもったいない?!】効果が倍増する「トマト」の食べ方とは?!

トマトは生のままでも、美容効果をはじめ疲労軽減や病気予防などに期待ができる野菜。そんなメリットがたくさんのトマトですが、加熱することでさらに嬉しい効果があることをご存知ですか?今回は、焼きトマトについてご紹介します!

焼きトマトのメリット

栄養価が高くなる?!

トマトが持つ栄養素の中でもリコピンは特に注目されている栄養素ですよね。このリコピンの特徴として、生野菜からの吸収性が低く、逆に加熱した方が何倍も吸収性が高まることが明らかとなっているそうです。また、油を使うことでリコピンはもちろん、β-カロチンなどの吸収率も上がるため、オリーブオイルなどで炒めたりして食べることがおすすめです。

トマトが苦手な方でも食べられる?!

トマトは焼いたりして加熱することより、栄養価が高まるだけではなく、独特な青臭さや水分がなくなる代わりに甘みや旨み成分が増すと言われています。このため、トマトの青臭さが苦手な方でも食べられるようになるかもしれません。

▶【好きな野菜ランキング1位?!】「トマト」が女性に大人気の理由を知ってる?!

トマトの栄養

脂肪燃焼効果が?

トマトには脂肪燃焼を促す成分が含まれているということが、最近の研究でわかっています。また、血糖値の上昇も防ぐためダイエット中のかたにおすすめです。

美肌効果

トマトに含まれるリコピンの活性酵素を除去する働きは、シミやシワ、たるみを予防するだけでなく、肌の透明感を保つ効果にも期待ができると言われています。このため女性の好きな野菜ランキングでは常に上位である理由もうなずけますね。

便秘解消効果

トマトには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は、腸の動きを活発にして便秘を改善する効果が期待でき、便通が良くなることで体内に溜まった毒素を排出できるため、お腹まわりがスッキリと改善することに役立ちます。

焼きトマトの食べ方

焼きトマトは食前に食べることで、満足感に繋がり食べ過ぎを防げたり食後の血糖上昇を抑える働きが期待できます。血糖の上昇が緩やかになると、脂肪がつきにくくなるので、太りにくくなりますよ。また、少し小腹が空いたときなどの間食として取り入れるのもおすすめです。 1日の食べる量の目安としては、中~大の大きさは2個程度、ミニトマトは1パック程度にしましょう。

調理する際の注意点は、トマトに含まれるビタミンCは加熱することでで溶け出してしまうため、ビタミンCもしっかりと摂取したい方は汁ごと食べられるスープなどにするといいですよ。

▶脂肪燃焼ダイエットスープで結果を出すためのポイントとは?

焼きトマトレシピをご紹介

トマトの肉詰め焼き

トマトの中にタネを入れて焼く簡単レシピです。 味付けもケチャップやハチミツを使用しているので、お子様にも喜ばれるでしょう。 トマトがカップになって見た目もオシャレなので、お友達へのおもてなしメニューにもおすすめです。
(※乳児ボツリヌス症の予防のため、1歳未満の乳児にはハチミツを与えないようにしてください。)

▶「トマトの肉詰め焼き」レシピはこちら

食パンマルゲリータ

具材を切って乗せて焼くだけなので、忙しい朝にもピッタリのとっても簡単なレシピです。 お子様とも一緒に楽しく作れるのでおすすめです。 熱々トマトととろ〜りチーズ、バジルのいい香りが食欲をそそりますよ。

▶「食パンマルゲリータ」レシピはこちら

まとめ

トマトは夏野菜ということもあり、体を冷やす働きがあると言われていますが、焼くことによって、栄養も旨みもアップして温まるメニューに変身しますよ。焼きトマトは、色々なアレンジレシピがあるため、飽きることなく取り入れられるのではないでしょうか?ぜひお試しいただければ幸いです!

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース