【ぽっこりお腹解消?!】「ひじき」の栄養パワーがスゴすぎる!

【ぽっこりお腹解消?!】「ひじき」の栄養パワーがスゴすぎる!

ひじきは身体に良い食材という事はよく知られていますよね。しかし、実際にどのような嬉しい効果があるのかご存知ですか?案外知らないという方も少なくないはずです。そこで今回は、「ひじき」の魅力について詳しくご紹介します!

ひじきを知ろう!

海岸近くの浅瀬に生息していると言われるひじきは、褐藻類の海藻の一種です。古くから食用として親しまれており、約1万年前の縄文時代から食べられていたと言われています。現在ひじきは「長ひじき」「寒ひじき」「芽ひじき」に分類され、その栄養価の高さから注目が集まっています。

ひじきの魅力とは?

ダイエットを強力サポート

ひじきには、食物繊維が多く含まれており、その量は食物繊維の代表とも言えるごぼうよりも多いと言います。

■お腹の調子を整える
食物繊維は、腸内細菌の増殖を助けて腸内環境の改善に役立ちます。このため、体内に溜まっていた老廃物や便などがスムーズに排出されやすくなり、便秘やポッコリお腹の解消に繋がるほか、肌荒れなどのトラブルも解消されて美肌に繋がります。

■脂肪の蓄積を抑える
食物繊維には、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあるため、脂肪の蓄積を防いでやせやすい体作りをサポートしてくれるほか、肥満やメタボ予防にも効果的です。

■食べ過ぎ予防
食物繊維がお腹の中で膨らんで満足感を持続させてくれます。さらに、程よい弾力があるため、自然に噛む回数が増えることで、満腹中枢が刺激されて満足感に繋がって、無駄な食べ過ぎ予防にも期待できます。

貧血予防

ひじきには、鉄分が豊富に含まれることで有名ですよね。鉄分が不足すると、体調不良を招くだけではなく、太りやすくなってしまう可能性もあります。特に女性やダイエッターには不足しがちな栄養素なので、意識して摂取するように心がけましょう。

鉄分はビタミンCと一緒に摂ることにより、鉄分の吸収効率がアップすると言われています。このため、取り入れ方を工夫して食べるように意識しましょう。例えば、ビタミンCが豊富なピーマンやブロッコリーなどの野菜と合わせると効果アップです。また、たんぱく質の多い食品(肉・魚・卵・大豆製品)と一緒にとることでも吸収率がアップしますよ。

▶めかぶがもたらす5つのパワーとは?【その秘密は食べ方にあった?!】

ひじきレシピ

スプラウトとひじきのマヨサラダ

ブロッコリースプラウトにはがんの抑制効果が高いとされる「スルフォラファン」がなんとブロッコリーの10倍も含まれているんです!カイワレ大根と似た見た目ですが、辛みは少なく食べやすいです♪

▶「スプラウトとひじきのマヨサラダ」レシピはこちら

豚肉とひじきの炒飯

カリウムやマグネシウムなどのミネラルや食物繊維を豊富に含むヒジキ。単品メニューでは不足しがちな栄養素を補えるのでちょい足ししてみてはいかが?

▶「豚肉とひじきの炒飯」レシピはこちら

鶏とひじきのこっくり煮

ひじき煮に鶏肉をプラスすれば、いつもの副菜も主菜に。油揚げを少量いれることで煮汁を吸ってくれるので美味しくなります。

▶「鶏とひじきのこっくり煮」レシピはこちら

まとめ

ダイエットにはもちろん、健康や美容にもパワーを発揮してくれる優秀な食材です。煮物以外にもサラダ等、色々アレンジしてぜひ取り入れてみると、飽きずに続けることができるのではないでしょうか?ぜひ、チャレンジしてみてくださいね☆

▶【ちょい足しするだけ!】「わかめ」に秘められたダイエット効果がスゴイ!

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース