【やっぱりスゴイ!】ネバネバ食材の驚異のダイエットパワーとは?

ネバネバ食材と言えば、納豆やオクラ、長芋、わかめ、めかぶ、もずく、なめこなどが思い浮かびますよね。そんなネバネバ食材に共通しているのが、「健康や体に良い」イメージではないでしょうか?そこで今回は、ネバネバ食材のネバネバパワーについてご紹介していきます!

ネバネバ食材が体に良いって?

ネバネバ食材といえばあの特徴的なネバネバした食感から好みが分かれやすい食材ですよね。しかし、そのネバネバ成分は私たちにとって嬉しい効果を発揮してくれると言われて注目されています。中でも野菜などに多く含まれているネバネバの成分には、ダイエット効果を期待できるほか、美肌作りや健康的な体作りにも役立ってくれると言われています。

▶めかぶがもたらす5つのパワーとは?【その秘密は食べ方にあった?!】

1.オクラ

夏場が旬のオクラは、今の季節に大活躍の夏野菜です。オクラ特有のネバネバ成分には、血糖の急上昇を抑えて脂肪の蓄積を抑える働きがあるため、太りにくくやせやすい体質作りに役立ちます。また、腸の働きを促して体内の老廃物の排出を促してくれるため、便秘解消や肌トラブルの改善にも効果が期待できます。オクラはダイエットや美容の強い味方食材だと言えますね。

ほかにも、アンチエイジングケアに役立つβ-カロテン、糖質の代謝を上げるビタミンB1、肌の潤いやツヤを保つビタミンC、骨粗鬆症対策に活躍す津カルシウム、貧血予防に効果的な鉄などを含んでいます。これらの栄養素を無駄なく食べるには、生のまま食べるか、ゆで時間を短くするなど、工夫すると良いでしょう。

オクラとさつま揚のおろしぽん酢和え

さつま揚げは加熱せず食べられる旨味の強い加工食品。旬のオクラと、水分補給にもなる大根おろしと合わせて高速で完成する1品。低カロリーなのでお酒を飲みたいけどおつまみのカロリーも抑えたい人にも♪

▶「オクラとさつま揚のおろしぽん酢和え」レシピはこちら

2.長芋

長芋は、100gあたり65kcalと芋類の中でも低カロリーで水分量が多い食材です。さらに、芋類の中では珍しく、生のまま食べられることが特徴です。長芋のネバネバ成分には、胃腸の調子を整えて、スムーズな便通を促してくれるほか、美肌や健康的な体作りには欠かせないたんぱく質などの様々な栄養素の吸収を手助けしてくれます。

また、むくみの改善に効果的なカリウムも豊富に含まれています。私たちの体がむくんでしまう原因として、塩分の摂り過ぎにより体内の水分バランスが崩れていることが挙げられます。長芋に含まれているカリウムには、体内の不要な塩分を体外に排出するという働きがあるため、体のむくみを解消するのに効果が期待できるのです。

ねばねば食感がやみつき♪なめことヤマイモのマスタード和え

ネバネバ食材を和えたヘルシーメニュー。カリウムを豊富に含むのでむくみ対策におすすめです。長芋に含まれるジアスターゼはでんぷんの消化を助け、内臓の働きをサポートします。

▶「ねばねば食感がやみつき♪なめことヤマイモのマスタード和え」レシピはこちら

3.モロヘイヤ

栄養価の高さではトップクラスを誇るモロヘイヤには、特にβ-カロテンが豊富に含まれています。その量はなんと100gあたり約10,000μgで、ほうれん草の2倍以上含まれているそうです。β-カロテンには、ニキビや乾燥肌を防ぐ効果が期待されるほか、紫外線などの刺激から作られる活性酸素を取り除いてくれるため、美肌作りにとても役立ってくれますよ。

また、モロヘイヤのネバネバ成分にも、血糖値の急激な上昇を抑える働きから、糖尿病や肥満予防に効果があります。ほかにも、胃壁を保護してくれるため、食欲アップや消化機能の改善などにも繋がりますよ。夏の暑い時期の、夏バテ対策にも活躍してくれそうですね。

モロヘイヤのねばねば冷奴

モロヘイヤはカロテンや食物繊維、ミネラルが豊富なので積極的に取りたい野菜です。独特のネバネバ成分は、糖の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑える働きがあります。また、胃を保護する効果もあります。

▶「モロヘイヤのねばねば冷奴」レシピはこちら

最後に

ネバネバ食材の一部を紹介しましたが、体に良いネバネバ食材は他にもたくさんあります。旬の時期に合わせて、ネバネバ食材の取り入れ方を変えてみるのもいいかもしれませんね。ネバネバパワーを味方につけて、ダイエット成功を目指しましょう!

▶【ネバネバが人気】管理栄養士がおすすめする「ネバネバ食材」BEST3

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース