【やった人から効果を実感できる?!】ダイエットもバストアップも成功する超簡単エクササイズって?!

ダイエットをしてやせたいけれど、バストまで小さくなるのは嫌ですよね。実は、ウエストや太ももは細くして、バストは丸みのある女性らしい体になる方法があるのです。今回は、バストアップとダイエットの両方を成功させるエクササイズと食べ物をご紹介します。

ダイエットするとバストは小さくなるの?

無理な食事制限やバストが揺れる運動は小さくなりやすい

バストは、乳腺と皮下脂肪などでできています。この皮下脂肪には、乳腺を守る役割などがあります。ダイエット中の食事制限によって栄養が不足すると、女性ホルモンの分泌にも影響がありバストダウンという結果を招いてしまう場合があります。さらに、運動によって脂肪が燃焼する可能性があるので、ジョギングや縄跳び、トランポリンなどとバストが揺れる激しい運動も関係しているともいわれています。

正しくダイエットすればバストアップできる

やせた体も綺麗なバストも両方手に入れるには、1日3食をバランス良く食べることが大切です。また、食事の際には、綺麗なバストの土台となる体づくりをサポートする食べ物を摂取するのもいいですね。たとえば、豆乳、豆腐、納豆、きなこなど大豆イソフラボンを含む食べ物は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすると言われ女性の体づくりに役立ちます。他にも、筋肉や肌を作るたんぱく質を多く含み低カロリーな鶏ささみや胸肉などをおすすめします。

■栄養満点!キャベツが持っている女性を美しくするための力とは?

運動する際はバストを守ってあげましょう

乳腺と皮下脂肪をまとめるように支えているコラーゲン腺維の束があります。それは、クーパー靭帯といい、乳腺を皮膚や筋肉に繋ぎとめてバストの形を保つ大切な存在です。このクーパー靭帯が揺れの激しい運動などによって伸びたり切れたりすると、バストが垂れたり形が大きく崩れる原因にもなります。胸が揺れる運動を行う場合は、スポーツブラをするなどバストが揺れないようにするといいでしょう。

バストアップのツボを知ろう☆

ツボを押すポイント

ツボを押す時は、「イタいけど気持ちいい」と感じる程度の強さで押すことがポイントとなります。ツボを押す時間は3~5秒を5~10回繰り返すといいでしょう。また、毎日継続することが、バストアップへ繋がりますよ。

ハリがでるツボ

乳頭から横に10センチ程度外側の、わきの下にあるツボが<えんえき>と言います。こちらも軽く痛みを感じるかもしれません。そこにはリンパが集中しているため、血行の改善に期待ができます。血行が良くなるとバストの血行も良くなりハリのあるキレイなバストに繋がりますよ。

バストアップのツボ

左右の乳頭のちょうど中間にあるにツボが<だん中>と言います。比較的脂肪が少ないので、痛みを感じやすいかもしれません。しかし、バストアップのみならず不眠の解消や、つわりや生理痛の緩和にも効果が期待できると言われています。女性の身体にとって、様々な嬉しい作用をもたらしてくれるツボです。

■【バストを意識して】マイナス3kg!効率よく脂肪を落とす方法とは?

バストアップにもおすすめのレシピ

豆腐のとろーりクリーム煮

大豆に含まれる良質たんぱく質には疲労回復に効果があり、しかも低カロリーなのでダイエットにオススメです。口あたりも良くて胃にもやさしい食材です。トロッと煮込んだ白菜との相性は抜群!豆腐と牛乳の組合わせでカルシウムも豊富に摂れるメニューです。あつあつでお召し上がりください。

▶「豆腐のとろーりクリーム煮」レシピはこちら

もっちり濃厚!黒ごまハチミツブラマンジェ

片栗粉を使ったもっちり濃厚なブラマンジェです。豆乳と黒ごまにはアンチエイジング作用が期待できるビタミンEが豊富です。はちみつは冷やすと甘さを強く感じるので、少量でも満足感が出ます。

▶「もっちり濃厚!黒ごまハチミツブラマンジェ」レシピはこちら

もち麦入り!具だくさんの食べるスープ

健康的でダイエット効果が期待される、話題の「もち麦」!もち麦は大麦の一種で食物繊維を含んでいます。腸内環境を整えたい!便秘解消したい!ダイエットしたい方はぜひ食べるスープでお腹を満たしましょう♪

▶「もち麦入り!具だくさんの食べるスープ」レシピはこちら

キャベツバナナミルクジュース

食物繊維たっぷりのバナナとキャベツを入れた、便秘予防にぴったりの一杯!低脂肪乳を使って、さらにヘルシーに仕上げましょう。

▶「キャベツバナナミルクジュース」レシピはこちら

ダイエットとバストアップを両方成功させるためには、1日3回バランス良く食べて、胸が激しく揺れる運動をする際は、スポーツブラをしてバストを守ってあげることが大切です。正しいダイエットをして、バストアップも目指しましょう。

まとめ

いかがでしたか?せっかくダイエットをしているのにバストも小さくなってしまうのは女性にとって避けたいことですよね。エクササイズやおすすめのレシピを取り入れながらダイエットを楽しんでくださいね。

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース