【1日たったの10分だけ!】簡単なのに効果絶大!今話題の「寝ながらヨガ」って?

ジムやヨガ教室に通いたいけど通えない、多忙な方にオススメなのが自宅でできる簡単なヨガ。就寝前の10分ほどで体をほぐして、憧れのくびれやバランスのとれた体に近づけるかもしれません。毎日続けて薄着になる季節にすっきりした体を目指しましょう!

話題の「寝ながらヨガ」とは

「寝ながらヨガ」とはその名の通り、ベッドや布団の上で横になってヨガストレッチをすることです。通常時に立って行うヨガよりも、横になって安静状態で行うため自然と深い腹式呼吸ができます。就寝前や起床後に10分ほどのヨガストレッチを行うだけで体の筋肉がほぐれ、リラックス効果も期待できます。

■【ヨガとは違う!?注目の○○○!】本当にあなたに合うのはどっち?

寝ながらヨガのメリット

体への負担が少ない

ベッドや布団の上で行うので、体に負担をかけず行うことできます。体が硬い方でも比較的行いやすいのも特徴です。また、通常時の立ったままのヨガよりも寝た状態でポーズをつくることで、体のバランスが安定し正しいポーズで部位に刺激が届きやすいと言われています。

新陳代謝の向上

体中に行き渡るように意識しながら呼吸をします。これよって細胞の活性化に繋がり、新陳代謝の向上が期待できます。また、深い呼吸を繰り返すことでリラックス効果をもたらしてくれるでしょう。

食欲をコントロールできる?!

日常などでストレスを感じると、脳が食欲をコントロールすることができなくなってしまう場合があります。しかしヨガを行うことで精神状態を落ち着かせることで、食べ過ぎてしまうことを防止する効果も期待できますよ。

■【ダイエット中なのに!】我慢できない食欲の原因は○○○にあった!?

簡単ですぐにできるストレッチヨガポーズ

便秘気味の人には

1.うつぶせ状態から、胸の横に手を置く。
2.脇は締めて、両足は閉じます。全身が一直線に伸びるように床を押します。
3.背骨が1つずつ動いていくイメージで、ゆっくりと上半身を後ろに反らす。
5.45度ほど上体が持ち上がったら、そこで一度静止し、2~3回呼吸をする。

上記を5回繰り返すことで、胃や腸に直接刺激が届いて活性化され、お通じに効果も期待できます。

ぽっこりお腹が気になる人には

1.あお向けに寝て、脚をまっすぐ伸ばしてそろえ、左ひざを立てる。両腕は左右に開き、手のひらを床につける。
2. 左脚を右側へ倒し、顔は左側へ向けます。この状態で、深く吸って・吐く呼吸を5回繰り返して。反対側も同様に。

左右ゆっくり各5回行うことでリンパ液や血液の滞り改善が期待できます。続けることで、埋もれていたくびれがだんだんと現れるかもしれません!

バストでお悩みの人には

1.あお向けに寝て、脚をまっすぐ伸ばしてそろえる。
2.両方の手のひらを下向きにしてをお尻の下に敷き、両方の腕を背中にしまいこむように、肘と肘を寄せる。
3.息吐いてから、息を吸いながら、肘で床を押して胸を上に突き上げるようにする。このとき、肩甲骨を寄せるように意識しながら、首を伸ばした状態で5回ほど深呼吸する。

バストアップ効果も期待できるほか、疲労回復や不眠解消にも繋がりますよ。就寝前に行ってみると安眠できるかもしれませんよ。

■【睡眠時の姿勢がダイエットを左右する?!】ダイエットと睡眠の意外な関係とは?

試す価値あり!

ダイエットでいちばん大切なことは「続けること」です。忙しい女性にはなかなか難しい運動やストレッチも、寝る前の10分程度なら無理せず続けられるはずです。まずは無理ない範囲に1日2~3分だけなど短時間からスタートさせるのも良いですね!ぜひチャレンジしてみてください♪

8,000人のダイエット指導実績を持つダイエットプログラムって?

ダイエットプラスの”正しく食べてやせる”プログラム

  • ・管理栄養士が2名体制でサポート、いつでも質問できます
  • ・極端な食事制限はありません
  • ・ジムに通う必要もありません
  • ・サプリやプロテイン製品を強く勧めるといったこともありません

カテゴリ別ニュース