【食べても太らない?!】ほくほく美味し~い「かぼちゃレシピ」をご紹介!

煮物や天ぷら、スイーツでも美味しく味わうことができる「かぼちゃ」。かぼちゃは非常に栄養価の高い野菜で、身体の美容と健康の維持に役立ってくれます。今回はかぼちゃの栄養価や美容と健康への効果についてご紹介していきます。

本当は夏野菜?!

かぼちゃはハロウィンや冬至などで食べる習慣があることから、冬野菜だと間違えられがちですが、実は夏野菜であることをご存知でしょうか。かぼちゃの収穫時には甘みが少ないため、夏の間は保管しておくことで甘みが増して美味しくなり、秋から冬が食べごろになると言います。甘みが強いことが特徴的なかぼちゃは、スイーツなどの材料として使われることも多く子供から大人まで大人気の野菜になっています。

▶【ぽっこりお腹を解消!?】ダイエット中には「さつまいも」がおすすめな理由って?

かぼちゃに含まれる主な栄養素と身体への効果

β-カロテン

かぼちゃには、β-カロテンが豊富に含まれています。β-カロテンには皮膚や粘膜の健康維持に役立つことから、病原体の侵入を防ぎ免疫力アップに効果があると言われています。風邪などが流行する冬に食べられる理由がわかりますね。また、肌や髪を美しい状態へと改善したり、アンチエイジング効果も期待できるので、加齢とともに積極的に摂取したい栄養素です。

食物繊維

かぼちゃには不溶性食物繊維が豊富に含まれています。不溶性食物繊維は、水分を吸収することで便のカサを増やして便通を良くしてくれます。便秘が解消されることで、腸内環境が整いダイエットや美肌効果にも繋がりますよ。

ビタミン・ミネラルも豊富

かぼちゃにはビタミンやミネラルも多く含まれています。老化予防や生活習慣病予防に効果的で別名「若返りのビタミン」とも言われるビタミンE、美肌を作るビタミンC、体内の塩分や水分調節に関わりむくみの解消に繋がるカリウムなど、積極的に摂りたい栄養素です。

▶【やせるカラダに?!】甘~い「栗」はダイエットに効果的だった?!

かぼちゃでダイエット

かぼちゃはダイエットに適した野菜

かぼちゃは野菜の中でも比較的糖質が多いため、ダイエットには不向きと思われがちです。しかし先程ご紹介したように、かぼちゃには豊富な栄養素が含まれているので、ダイエット中に起こりがちな栄養不足を防いでくれるほか、糖質によって満足感が増すと言われているので、食べ方次第ではダイエットに適した野菜と言えるでしょう。

かぼちゃでダイエットを成功させるコツ

かぼちゃでダイエットを成功させるには、「調味料の使用を控えて食べる」「調理方法を工夫する」「おやつとして上手に活用する」などを心がけるようにしましょう。余計なエネルギー摂取を抑えつつも少量でも満足感を与えることができるかぼちゃは、栄養素もしっかり摂取でき、一石二鳥です。

かぼちゃレシピ3選

ゴロゴロ野菜のサラダ、塩麹ドレッシング

かぼちゃに含まれるβ‐カロテンは、油と一緒に食べることで、より吸収率が高まると言われています。そのためソテーやサラダなどにして、オイル入りのドレッシングを使うなどするといいですよ。

▶「ゴロゴロ野菜のサラダ、塩麹ドレッシング」レシピはこちら

かぼちゃのテリーヌ

かぼちゃに含まれているビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱調理後でも壊れにくいことが特徴です。このため、電子レンジを使ったり煮たりにしてもビタミンCが失われにくいですよ。

▶「かぼちゃのテリーヌ」レシピはこちら

簡単♪かぼちゃプリン

食物繊維やカロテンなど、かぼちゃに含まれる栄養素がしっかり摂れるヘルシーなプリン。玉子を使わないので玉子アレルギーの方にも食べていただけます。

▶「簡単♪かぼちゃプリン」レシピはこちら

まとめ

いかがでしたか?実は、捨ててしまいがちなかぼちゃの皮にも栄養素がたっぷり含まれています。そのため、皮も丸ごと食べれるような調理をすることがおすすめです。身体の美容と健康の維持に役立ってくれる野菜・かぼちゃ。もちろん食べ過ぎは禁物ですが、適量を守って、美しく健やかにダイエットをしてみませんか?

【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!

  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース